アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 大原美術館名品展 モネ、マティスから濱田庄司まで

美術館展覧会

関東

大原美術館名品展 モネ、マティスから濱田庄司まで

会場:宇都宮美術館

会期:2月14日[日]~4月4日[日]

大原美術館名品展 モネ、マティスから濱田庄司まで

岡山県倉敷市の近世の面影を今も残す一画、白壁と黒瓦、格子戸のつづく町並みの中に、ギリシア神殿を思わせる石造りの重厚な建物がそびえています。それが大原美術館です。

大原美術館は、倉敷の実業家、大原孫三郎と岡山県出身の画家、児島虎次郎らによってコレクションされた西洋美術の作品を展示する美術館として1930(昭和5)年に開館しました。開館当時、西洋美術を常設展示する本格的な美術館としては日本における唯一の存在でした。まだ日本国内で実物の西洋絵画や彫刻を眼にする事がそれほど容易ではなかった時代、日本の芸術界のためにという児島虎次郎の想いと、その意を汲んで、コレクションと美術館建設を実現した大原孫三郎の想いがそこに結実していると言ってよいでしょう。

開館から80年間という長い歴史の中、二人の遺志を受け継ぐ人々の手によってコレクションは発展を続け、現在、大原美術館には西洋の古典および近代美術をはじめ、日本の美術・工芸、現代美術、また、古代オリエントや古代中国に至るまで、幅広く優れた作品が数多く収蔵されています。その展示室に並ぶ時代時代を映し出した作品は、つねに多くの人々を魅了し続けています。

本展覧会では、大原美術館コレクションから、モネやマティス、梅原龍三郎、安井曾太郎などをはじめとする、西洋と日本の近代美術、現代美術、また、栃木県にゆかりの深い陶芸家濱田庄司など民芸運動を推進した作家たちの作品、合わせて76作品(85点)を展示。珠玉の作品の数々をご紹介いたします。

◎関連事業
●講演会「絵画の冒険ー近代美術の西と東」
講師:高階秀爾氏(財団法人 大原美術館 館長)
日時:2月14日(日)午後2時から(午後1時30分開場)
会場:宇都宮美術館 講義室(先着170名・無料)

●学芸員によるギャラリートーク
解説:当館学芸員
日時:展覧会期間中の毎週土曜日 午後2時から

●講演会「大原美術館 アーティストと観客との協同」
講師:柳沢秀行氏(財団法人 大原美術館 学芸課長)
日時:3月21日(日)午後2時から(午後1時30分開場)
会場:宇都宮美術館 講義室(先着170名・無料)

●解説倶楽部によるギャラリートーク
日時:展覧会期間中の毎週火・水・木曜日 午前11時から(ただし、2月16日・17日・3月23日はありません)
※ギャラリートークは企画展看守お件をお求めのうえ、展示室入口にお集まりください。

DATA
会場宇都宮美術館
会場URL

http://u-moa.jp/jp/info/index.html

会期2月14日[日]~4月4日[日]
開館時間午前9時30分~午後5時[入館は午後4時30分まで]
料金

一般900円(720円)/大高生700円(560円)/中小生500円(400円)
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
※宇都宮市内の小学生・中学生・高校生は無料
※4月1日は宇都宮市民は無料
※毎月第3日曜日(2月21日、3月21日)は「家庭の日」のため、ご家族で来館された小学生・中学生・高校生はすべて無料、同伴の大学生・一般の方は半額となります。

問合先

宇都宮美術館
〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077番地
Tel.028-643-0100 Fax.028-643-0895
HP:http://u-moa.jp/

主催

宇都宮美術館

ホームページ

http://u-moa.jp/

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ