アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 岩合光昭写真展 ねこづくし

美術館展覧会

関東

岩合光昭写真展 ねこづくし

会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室1、アートギャラリー1・2・3

会期:2019年4月23日(火)~6月30日(日)

小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 ©Mitsuaki Iwago

小淵沢町(現・北杜市)、山梨県 ©Mitsuaki Iwago

田代島、宮城県 ©Mitsuaki Iwago

田代島、宮城県 ©Mitsuaki Iwago

1950年に東京に生まれ、動物写真家の父・岩合徳光に同行したガラパゴス諸島で二十歳を迎えた岩合光昭は、その大自然を目の当たりにし、動物写真家を志します。1979年には『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞、世界的グラフ雑誌『ナショナルジオグラフィック』の表紙を二度飾るなど、その作品は国内外で高い評価を得ています。こうした大自然に育まれる野生動物の姿を追う一方で、人々の暮らしの傍らで生きる猫へも眼差しを向け、岩合がとらえた猫たちの写真は多くの人々の心を惹きつけてきました。

2012年にはNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」が放送を開始、2019年2月には初映画監督作品『ねことじいちゃん』が公開されるなど、その活動の幅を広げています。

この展覧会では、「島の猫」、「やきものの里のネコ」シリーズを中心に、岩合が日本各地で撮影した猫たちの写真作品、200余点を紹介します。

【同時期開催 コレクション展】Zoo(ずーっ)とArt(あーと) 色とカタチのどうぶつ展:4月13日(土)~6月30日(日)/企画展示室2/一般200円ほか ※岩合光昭写真展をご観覧の方は無料。

DATA
会場川崎市市民ミュージアム 企画展示室1、アートギャラリー1・2・3
会場URL

https://www.kawasaki-museum.jp/guide/

会期2019年4月23日(火)~6月30日(日)
休館日月曜日、5月7日(火)※ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)は休まず開館
開館時間9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)
料金

一般800(640)円、65歳以上・大学生・高校生600(480)円、
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金。
※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料。

問合先

川崎市市民ミュージアム
〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)
TEL:044-754-4500 FAX:044-754-4533

主催

川崎市市民ミュージアム
協力:岩合写真事務所
企画協力:M&M Color

ホームページ
https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/15637/

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ