アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―

美術館展覧会

関東

志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―

会場:茨城県近代美術館

会期:2019年4月6日(土)~6月2日(日)

志村ふくみ「梔子熨斗目(くちなしのしめ)」昭和45年(1970) 滋賀県立近代美術館蔵

志村ふくみ「梔子熨斗目(くちなしのしめ)」昭和45年(1970) 滋賀県立近代美術館蔵

志村ふくみ「須磨」平成15年(2003) 滋賀県立近代美術館蔵

志村ふくみ「須磨」平成15年(2003) 滋賀県立近代美術館蔵

大正13年(1924)に滋賀県近江八幡市に生まれた志村ふくみは、戦後まだ作家として織の作品を作る人が少かった時代に染織の道を志し、今日に至るまでひたむきに創作活動を続けてきました。 平成2年(1990)には重要無形文化財「紬織」保持者(人間国宝)の認定を受け、平成27年(2015)には文化勲章を受章し、94歳となる現在も新たな制作に励んでいます。

志村作品の魅力は、植物染料で染めた絹糸による豊かな色彩のハーモニーにあります。志村は野山から採取した草木で糸を染めることを「草木の抱く色をいただく」と表現するほど植物を尊び、自然に対して純粋で真摯な創作姿勢を貫いてきました。

また志村は文筆家としても活躍し、昭和58年(1983)には『一色一生』により第10回大佛(おさらぎ)次郎賞を、平成5年(1993)には『語りかける花』で第41回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞しています。

滋賀県立近代美術館は,滋賀出身の作家である志村ふくみの作品を多数所蔵しており、この展覧会では同館のコレクションを中心とした約100点により、初期から近年にいたる志村の芸術を辿ります。また、志村ふくみは日本の文化に対する深い考察に基づき、和歌や古典文学をテーマにした作品も多く手がけ、染織界に新たな地平を切り開きました。そうした志村と古典との関わりを象徴するものともいえる『源氏物語』シリーズが前期後期あわせて14点展示されます。茨城県内初となるこの回顧展で志村ふくみの作品を是非ご堪能ください。

※会期中展示替えがあり前期・後期でほぼすべての作品が入れ替わります。

前期:4月6日(土)~5月6日(月)、後期:5月8日(水)~6月2日(日)

DATA
会場茨城県近代美術館
会場URL

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/information/access/index.html

会期2019年4月6日(土)~6月2日(日)
休館日月曜日 ※ゴールデンウィーク中〈4月27日(土)~5月6日(月)〉は無休,5月7日(火)は休 館。
開館時間午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金

一般1,080(980)円、満70歳以上540(490)円、高大生850(720)円、小中生480(360)円
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料、4月20日(土)は満70歳以上の方は無料、土曜日は高校生以下無料

問合先

茨城県近代美術館
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL:029(243)5111 FAX:029-243-9992

主催

茨城県近代美術館、NHKプロモーション
特別協力:滋賀県立近代美術館
後援:水戸市、朝日新聞社水戸総局、茨城新聞社、産経新聞水戸支局、東京新聞水戸支局、日本経済新聞社水戸支局、毎日新聞社水戸支局、読売新聞水戸支局

ホームページ

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ