アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 安野光雅展 絵本とデザインの仕事

美術館展覧会

関東

安野光雅展 絵本とデザインの仕事

会場:平塚市美術館

会期:2019年7月6日(土)~8月25日(日)

『ふしぎなえ』20, 21P、1968年 津和野町立安野光雅美術館蔵 ©空想工房

『ふしぎなえ』20, 21P、1968年 津和野町立安野光雅美術館蔵 ©空想工房

『ふしぎな さーかす』20, 21P、1971年 津和野町立安野光雅美術館蔵 ©空想工房

『ふしぎな さーかす』20, 21P、1971年 津和野町立安野光雅美術館蔵 ©空想工房

1968年に『ふしぎなえ』で絵本デビューをした安野光雅は、画家、絵本作家、装丁家、デザイナーなど幅広く活躍し、国際アンデルセン賞をはじめ、国内外でさまざまな賞を受賞しています。
安野光雅の作品は、俯瞰的な構図を用いながら細部まで丁寧に描かれており、まるで、出身地・島根県津和野の町を周囲の山々から一望し、人々の暮らしの一コマを描き留めているように感じられます。作家にとって、子どもの頃を過ごした津和野は大切な思い出として心の中にあり、大切にはぐくまれた思い出が絵本の世界に投影されています。親しみやすさとノスタルジーにあふれた絵本は、今なお多くの人々を惹きつけてやみません。
多数の絵本を世に出してきた安野光雅ですが、美術のみならず数学や文学にも造詣が深いことでも知られています。その豊かな知識と想像力で多くの不思議や謎解きを作品に詰め込んでいます。驚きと発見に満ちた絵本も安野の魅力といえるでしょう。
また、絵本以外にも文芸書や数学書などの挿絵や表紙を描いたり、エッセイや画文集を出版するなど、その作品は多岐にわたります。
この展覧会では、安野光雅の仕事を語る上では切り離せない絵本の原画はもちろんのこと、絵本そのものや挿絵や装丁した本、ポスターなど、初期から現在までの安野光雅の世界の全貌を紹介します。

■同時開催:「所蔵品展 鳥海青児とその時代-半世紀ぶりの公開《瀬戸の山》」6月29日(土)~9月23日(月・祝)

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2019年7月8日(月)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場平塚市美術館
会場URL

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/info1.html

会期2019年7月6日(土)~8月25日(日)
休館日月曜日(ただし7月15日(月・祝)、8月12日(月・振休)は開館、翌火曜日休館)
開館時間9:30~17:00(入場は16:30まで)※8月3日(土)~8月18日(日)は開館時間を1時間延長します。9:30~18:00(入場は17:30まで)
料金

一般800(640)円、高校生・大学生 500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1名は無料
※65歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金(年齢・住所を確認できるものをご提示ください
※親子割引(中学生以下の子とその親・祖父母)
※同展の観覧券で同時開催の「所蔵品展 鳥海青児とその時代」も観覧できます

問合先

平塚市美術館
〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL:0463-35-2111 FAX:0463-35-2741

主催

平塚市美術館
特別協力:津和野町立安野光雅美術館
協 賛:神奈川中央交通株式会社

ホームページ

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ