アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 鬼と遊ぶ 渡辺豊重展

美術館展覧会

関東

鬼と遊ぶ 渡辺豊重展

会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉館(神奈川県鎌倉市)

会期:2010年6月12日~2010年8月29日

鬼と遊ぶ 渡辺豊重展 フライヤー

渡辺豊重は、絵画、版画、彫刻のあいだを自由に往来し、楕円、雲型、星型などの明快なフォルムを彩やかな色彩で描き出したユーモアあふれる作品で知られています。
1931年 東京に生まれた渡辺豊重は、1950年代後半から難波田龍起(なんばたたつおき) や田中 岑(たかし)に師事し、1962年に最初の個展を開きました。1968年に第1回芸術生活公募コンクールで受賞したことをきっかけとして、個展やグループ展などで精力的に作品を発表していきます。 1975年頃から10年ほど続いた〈ピクニック〉のシリーズが、〈スウィング〉や〈モクモク〉、〈ギザギザ〉のシリーズへと展開する中、風をはらんだかのような動きや、軽やかなリズムをもったさまざまなかたちが生みだされました。 オレンジや黄色の柔らかな光の中、かたちが無心にたわむれる近作では、栃木にアトリエを移してからの、日々の暮らしの中で触発されるいきいきとした生命のよろこびが感じられます。
2009年夏、渡辺は、これまでの赤や緑といった明るい色彩から一転し、黒と金、あるいは黒と銀という抑制された色彩の対比が心地よい緊張感と力強さを感じさせる《鬼I 》《鬼II》を、そして秋には《鬼III》を発表しました。鬼は画家自身のさまざまな感情が凝縮されて生まれた社会への反発のかたちであり、生命力の激しさのかたちでもあります。
今回の個展では、〈鬼〉三部作の系譜にある、本展のための最新作、〈鬼〉約30点と関連ドローイングをあわせて展示することにより、作家の烈しい感情が仮託された〈鬼〉シリーズの展開を追いかけ、その全貌を明らかにします。また同時に絵画からかたちが抜け出してきたかのような彫刻小品もあわせて展示し、渡辺の多彩な仕事ぶりを紹介します。

DATA
会場神奈川県立近代美術館 鎌倉館(神奈川県鎌倉市)
会場URL

http://www.moma.pref.kanagawa.jp/kamakura/access.html

会期2010年6月12日~2010年8月29日
開館時間午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
料金

一般 800円(団体700円)、20歳未満・学生 650円(団体550円)、65歳以上(400円)、高校生(100円)
※団体料金は20名様以上から適用されます。
※中学生以下、障害者の方は無料です。
※「ファミリー・コミュニケーションの日」
毎月第1日曜日(今回は7月4日、8月1日)は、18歳未満または高校生以下のお子様連れのご家族は優待料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。

問合先

神奈川県立近代美術館 鎌倉館
電話:0467-22-5000

主催

神奈川県立近代美術館

ホームページ

神奈川県立近代美術館Webサイト
http://www.moma.pref.kanagawa.jp

カテゴリー:関東

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ