アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 関東 > 生誕130年記念冨田溪仙展

美術館展覧会

関東

生誕130年記念冨田溪仙展

会場:茨城県近代美術館

会期:2009年8 月8 日(土)~ 9 月23 日(水・祝)

雷神

風神・雷神大正6(1917)年 絹本彩色・屏風四曲一双 髙島屋史料館蔵

博多から京都へ
福岡県出身の冨田溪仙(1879-1936)は、画家を志して18歳頃に京都にのぼり、四条派に連なる都路華香に師事しました。四条派の写生を学ぶ一方で、古今東西の文学や美術、宗教などに通じ、また江戸時代の博多の禅僧・仙崖やヨーロッパの新しい美術などの影響も受けながら、やがては自在な筆遣いによる大らかで斬新な画風を形作っていきます。

横山大観も認めた才能
京都画壇において異質な存在だった溪仙を高く評価したのは、日本美術院の横山大観でした。溪仙は大観の誘いにより京都画壇から東京の日本美術院に参加し、色彩豊かで動きとリズムに満ちた作風に詩的情緒も加えながら、昭和11年(1936)に急逝するまで異色の画家として活躍しました。

みどころ
溪仙の回顧展は、関東では約30年ぶりの開催となります。本展では、初期から晩年までの代表作を網羅し、約120点により溪仙の画業とその多彩な個性の発露をご紹介します。また、溪仙と交流のあったフランスの詩人で駐日大使も務めたポール・クローデル(1868-1955)の依頼によって描かれ、現在はパリのジョルジュ・ポンピドゥー・センターに所蔵されている「神庫」がこのたび里帰りをするのも、大きなみどころのひとつです。どうぞこの機に、風雲児・冨田溪仙の自由奔放な絵画世界をお楽しみください。

DATA
会場茨城県近代美術館
会場URL

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

会期2009年8 月8 日(土)~ 9 月23 日(水・祝)
開館時間午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金

一般830(700)円/高大生580(470)円/小中生350(230)円
*( )内は20 名以上の団体料金
*満70 歳以上の方,障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は入場無料
*学校の夏季休業期間を除く毎週土曜日は高校生以下入場無料
*茨城県立の4美術館(近代・つくば・天心記念五浦・陶芸)共通年間パスポートを各美術館窓口で販売しています。一般3,000 円/高大生2,000 円/小中生1,000 円

問合先

茨城県近代美術館
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL029-243-5111 / FAX029-243-9992 /
E-mail info@modernart.museum.ibk.ed.jp

主催

茨城県近代美術館

カテゴリー:関東

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ