アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 未来をひらく福澤諭吉展

美術館展覧会

近畿

未来をひらく福澤諭吉展

会場:大阪市立美術館

会期:2009年8月4日(火)~9月6日(日)

福澤諭吉写真 明治24年頃 慶應義塾福澤研究センター <[重要文化財]慶應義塾図書館ステンドグラス原画> 和田英作 明治45年頃 慶應義塾図書館

写真左:福澤諭吉写真 明治24年頃 慶應義塾福澤研究センター
写真右:[重要文化財]慶應義塾図書館ステンドグラス原画 和田英作 明治45年頃 慶應義塾図書館

幕末から明治の激動の時代にあって革新的な活動を展開し、日本の近代化に大きな足跡をのこした福澤諭吉(1835~1901)は、大阪と非常に関係の深い人物です。

福澤は、中津藩(大分県)の下級武士の子として、父の任地であった大坂に生まれました。早くに父を亡くし中津で育った福澤は、のち再び大坂に出て緒方洪庵の適塾に入門しました。蘭学を学びつつ、青春を謳歌した大坂での日々は福澤が世の中を見つめるまなざしを形づくりました。安政5年(1858)には、23歳の若さで江戸に蘭学塾(のちの慶應義塾)を開き、その後独学で英語を習得、欧米各国を訪問し、西洋文明を紹介する「西洋事情」や「学問のすゝめ」などを著しました。

本展覧会は、福澤諭吉が開いた慶應義塾の創立150年を記念して開催されるもので、福澤の多方面にわたる活動をあらためて捉えなおし、その遺品、書幅、書簡、自筆草稿、著書、およびその門下生たちが収集した美術コレクションや慶應義塾ゆかりの名品などを紹介します。また、福澤と大阪のゆかりについてもクローズアップする予定です。

美術品だけでなく多くの資料もご覧いただける本展で、いつもと違った美術館を味わってください。

※なお関連企画として、大阪・中之島の国立国際美術館B2展示場にて、展覧会「慶應義塾をめぐる芸術家たち」を、6月20日(土)~9月23日(水・祝)まで開催します。

DATA
会場大阪市立美術館
会場URL

http://www.city.osaka.lg.jp/museum/

会期2009年8月4日(火)~9月6日(日)
開館時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金

一般1,200円(1,000円)、大学・高校生900円(700円)
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方は無料〔要証明(原本に限る)〕
※カッコ内は、前売り・20名以上の団体料金

主催

大阪市立美術館、慶應義塾、産経新聞社

ホームページ

「未来をひらく福澤諭吉展」公式ホームページ
http://www.fukuzawa2009.jp/

カテゴリー:近畿

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ