アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 大阪歴史博物館:特集展示「中村順平と建築芸術教育」を6/3より開催

美術館展覧会

近畿

大阪歴史博物館:特集展示「中村順平と建築芸術教育」を6/3より開催

会場:大阪歴史博物館(大阪府大阪市)

会期:平成27年6月3日(水)~8月3日(月)

南国の別荘 中村順平画  縦62.3×横47.5cm 大正11年(1922) 本館蔵(檜の会寄贈)

南国の別荘 中村順平画  縦62.3×横47.5cm 大正11年(1922) 本館蔵(檜の会寄贈)

パリ市大学街日本館透視図 中村順平画  縦76.0×横43.0cm 大正12年(1923) 本館蔵(檜の会寄贈)

パリ市大学街日本館透視図 中村順平画  縦76.0×横43.0cm 大正12年(1923) 本館蔵(檜の会寄贈)

大阪に生まれた建築家・中村順平(1887-1977)は、日本人として初めてパリのエコール・デ・ボザール(国立高等美術学校)で学び、フランス政府公認建築士となりました。大正13年(1924)に中村が留学を終えて帰国した頃から昭和初期にかけ、日本では建築教育において構造が重視される傾向にありました。しかし、帰国後に中村が教鞭をとった横浜高等工業学校建築学科(現・横浜国立大学理工学部建築都市・環境系学科)では、彼がボザールで受けた芸術面を重視した建築教育が実践されました。こうした中村の教育方針は、日本近代の建築教育の中でも、建築の芸術性をとりわけ重視したものとして高く評価されています。

本展示では、中村が留学中に作成した建築設計課題の図面、横浜高等工業学校学校祭における建築科大行進に関連する中村の原画のほか、弟子たちが手がけた建築図画作品などを展示し、近代日本の中でも異彩を放った中村順平の建築教育の様子を紹介します。

DATA
会場大阪歴史博物館(大阪府大阪市)
会場URL

http://www.mus-his.city.osaka.jp/visit/access.html

会期平成27年6月3日(水)~8月3日(月)
休館日火曜日休館
開館時間午前9時30分~午後5時(ただし、入館は閉館の30分前まで)
料金

常設展示観覧料でご覧になれます。
大人 600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、
障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

問合先

大阪歴史博物館 Tel. 06-6946-5728

主催

大阪歴史博物館

ホームページ

大阪歴史博物館WEBサイト
http://www.mus-his.city.osaka.jp/

カテゴリー:近畿

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ