アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 春季特別展 「和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―」

美術館展覧会

近畿

春季特別展 「和ガラスの美を求めて ― 瓶泥舎コレクション ―」

会場:MIHO MUSEUM

会期:2017年3月18日(土)~6月18日(日)

  • use hatena Bookmark
  • Clip to Evernote
  • use hatena bookmark

和ガラス展

世に優れた硝子は数あれど、江戸時代のびいどろほど儚く、柔らかく、花のように可憐で、言いようのない色気を帯びたものがあるでしょうか。
熱い炎に溶けたガラスを扱う職人が、瓶に吹き込む息の膨らみ、ブルーやグリーンや紫の微妙な色の階調、たゆたうような肌の質感、やすりで一本一本削り出した切子の柔らかな線、これらが和ガラスに形や色を留めて美を与えます。
ここに生涯を賭けて、和ガラスの美しさを追い求めた人物がいました。大藤範里(だいとう のりさと)氏。2011年4月松山市・道後温泉に開館した「瓶泥舎(びんでいしゃ)びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の創立者で、「最も美しいガラスを探す。」ことを目標に、約50年に亘って和ガラスの蒐集をしてこられました。幸いなことに生前の氏のご希望もあり、瓶泥舎コレクションを代表する逸品をMIHO MUSEUM にて一堂に展観することとなりました。
長崎に始まり大阪から江戸へ、やがて日本中の人々を魅了した和ガラスの器は、日々の暮らしを豊かに洗練させ、特別な日を輝かせるアイテムであり、お大名たちの贈答品でもありました。このCoolな美しさ、どうぞ存分にお楽しみ下さい。

●開館20周年記念特別企画「古代オリエント美術の愉しみ ― エジプトから中国まで ―」も同時開催。
本展は、この秋に迎える開館20周年を記念して開催される特別企画です。古代エジプトから西アジア、中央アジア、そしてユーラシア東西との深いつながりを窺わせる中国を含めたMIHO コレクション66 点を選りすぐって構成されます。
古代オリエントを巡る壮大な歴史と精神世界との出会いを体感し、はるかいにしえより今に息づく、魅力あふれる造形の数々をお楽しみいただけます。

DATA
会場MIHO MUSEUM
会場URL

http://www.miho.or.jp/japanese/inform/inform.htm

会期2017年3月18日(土)~6月18日(日)
休館日毎月曜日 ※3月20日(月)は開館、3月21日(火)、5月13日(土)、5月14日(日)休館
開館時間10:00~17:00、(入館16:00まで)
料金

一般1,100円、高・大生800円、小・中生300円
※20名以上の団体は各200円割引

問合先

MIHO MUSEUM
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
Tel:0748-82-3411 Fax:0748-82-3414

主催

MIHO MUSEUM、京都新聞

ホームページ

http://miho.jp

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ