アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 書の源流企画展 「榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」

美術館展覧会

近畿

書の源流企画展 「榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」

会場:奈良県立美術館

会期:2017年4月15日(土)~7月23日(日)

榊莫山「寒山拾得」 平成6(1994)年 三重県立美術館

榊莫山「寒山拾得」 平成6(1994)年 三重県立美術館

大和の仏像や自然との深い交流を創作へ結びつけた榊莫山(1926-2010) と、奈良の伝統工芸から学んだ美意識を基に世界で活躍する紫舟。奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な芸術世界を紹介します。

「莫山先生」と親しみを込めて呼ばれる榊莫山は、旧制上野中学校(三重県)で松永楳園に書を習うなど早くから書に馴染み、満19 歳で終戦を迎えた後は奈良の書家辻本史邑(1895-1957) に師事しました。戦後間もなくの書道界は、書道団体や公募展の創設、前衛書道の台頭など活気ある時代を迎え、その中で榊は自己の書を追求しました。そして、当時の主流であった中国の王羲之から明・清へ至る洗練された書の規範に従うのではなく、より古い木簡•石碑の素朴で力強い書風を取り入れ、題材も古典的な漢詩文から現代詩や自作の文へ対象を移すなど、独自性・創造性を重視して様々な試みを行いました。師・辻本史邑の没後は公募展から退き、独立した立場で作品を世に問いました。

6歳で書を始めた紫舟は、書家としての第一歩を踏み出した奈良で筆・漆エ・陶芸など伝統工芸の技術を学び、それにより養われた眼・感覚が以後の活動の基礎になっているといいます。平面の書だけではなく、書の彫刻と光・影との融合、書と絵画との融合、デジタル技術との融合など書の可能性を広げ、国・文化の枠を超えた芸術として書に取り組んでいます。

このような榊莫山と紫舟の素晴らしい作品により、書の芸術性や、自己を表現する手段としての書の魅力を感じていただければ幸いです。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2017年4月28日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場奈良県立美術館
会場URL

http://www.pref.nara.jp/11842.htm

会期2017年4月15日(土)~7月23日(日)
休館日月曜日
※5月1日(月)は開館
※奈良の音楽祭「ムジークフェストなら2017」(6/10-25) 期間中の月曜日(6/12·19) は開館
※ 7月17日(月・祝)開館、7月18日(火)休館
開館時間午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
料金

一般 400(300)円、大・高生 250(200)円、中・小生 150(100)円
※( )内は20人以上の団体料金
※次の方は無料でご観覧いただけます。
・教職員に引率された奈良県内の小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
・身体障がい者手帳、療育手帳および精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1名
・65歳以上の方
・外国人観光客、留学生
※毎週土曜日は小・中・高校およびこれに準ずる学校の児童・生徒は無料

問合先

奈良県立美術館
〒 630-8213 奈良市登大路町10-6
TEL:0742-23-3968

主催

奈良県立美術館、産経新聞社
協力:三重県立美術館、紫舟アトリエ
特別協力:東大寺

ホームページ

http://www.pref.nara.jp/11842.htm

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ