アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 福岡道雄 つくらない彫刻家

美術館展覧会

近畿

福岡道雄 つくらない彫刻家

会場:国立国際美術館(大阪市北区)

会期:2017年10月28日(土)~12月24日(日)

福岡道雄《飛ばねばよかった》1965-66年 作家蔵 撮影:椎木静寧

福岡道雄《飛ばねばよかった》1965-66年 作家蔵 撮影:椎木静寧

ひとり、大阪の地で「反」芸術を貫いた彫刻家・福岡道雄。その全貌にせまる、美術館では初めての大規模個展が開催されます。60余年にわたる制作の軌跡を98点の作品でふりかえる、回顧展形式の展覧会です。
福岡道雄は1936年、大阪府の堺市生まれ。19歳のころ、大阪市立美術研究所への入所を機に、彫刻制作を本格化させました。地中で生まれる不定形な彫刻〈SAND〉や、地面を這い散らばる〈奇蹟の庭〉など、「彫刻らしさ」を疑ってかかるそれら最初期の作品群で、福岡は早くも世間の注目をあつめています。
その後、「反芸術」的な傾向を強くおびる1960年代には、自らの生活感情を濃密に反映させた作品群〈何もすることがない〉や〈ピンクバルーン〉を発表。さらに1970年代以後は時代の流れに背を向け、いわゆる〈風景彫刻〉や〈文字〉などを黙々と、かつ淡々と手がけることになります。
福岡はこれまで、一貫して「つくる」のあるべき在り方を問い、彫刻に向き合ってきました。そんな福岡が制作活動に終止符をうったのは、2005年、〈腐ったきんたま〉と題された彫刻群を発表したときのこと。以後、「つくらない彫刻家」となった福岡は、いまなお、現在進行形で、制作と生活との接点を探り続けています。
福岡道雄の彫刻家としてのあゆみは、いくつものシリーズを着想しては放棄していく、試行錯誤の連続です。そこから浮かび上がってくるのは、くりかえされる逡巡、「つくる」と「つくれない」とのあいだを揺れ動く、真摯な葛藤にほかなりません。本展覧会は、福岡の彫刻をとおして、「制作」という根本概念についての問い直しをはかる、かっこうの機会となるでしょう。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2017年10月31日(火)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場国立国際美術館(大阪市北区)
会場URL

http://www.nmao.go.jp/info/access.html

会期2017年10月28日(土)~12月24日(日)
休館日月曜日
開館時間10:00~17:00 ※金曜・土曜は20:00 まで(入場は閉館の30分前まで)
料金

一般900円(600円) 大学生500円(250円)
※( )内は20名以上の団体料金
※ 高校生以下・18歳未満無料
※心身に障がいのある方とその付添者1 名無料(証明できるものをご提示願います)
※本料金で、同時開催の「態度が形になるとき―安齊重男による日本の70 年代美術―」もご覧いただけます。
※夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00~20:00)一般700円 大学生400円

問合先

国立国際美術館
TEL: 06-6447-4680(代表)

主催

国立国際美術館

ホームページ

http://www.nmao.go.jp/

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ