アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 没後50年 藤田嗣治 本のしごと ―文字を装う絵の世界―

美術館展覧会

近畿

没後50年 藤田嗣治 本のしごと ―文字を装う絵の世界―

会場:西宮市大谷記念美術館(兵庫県西宮市)

会期:2018年1月13日(土)~ 2月25日(日)

藤田嗣治 1928年頃 撮影:アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press

藤田嗣治 1928年頃 撮影:アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press

藤田嗣治は1886(明治19)年陸軍軍医の次男として東京に生まれました。東京美術学校(現在の東京藝術大学) の西洋画科で学んだ後、1913(大正2)年フランスに渡ります。1919年サロン・ドートンヌに出品した6点すべてが入選し、1920年代初頭に発表した乳白色の肌をもった裸婦像は藤田独自の表現として当時のヨーロッパで高い評価を得ました。フランスで画家としての地位を確立した藤田は、絵画だけでなく挿絵本の仕事にも積極的に取リ組むようになります。19世紀後半から20世紀にかけて、希少性の高い挿絵本は愛書家たちの収集対象となっており、藤田がパリに渡った当時のヨーロッパは挿絵本の興隆の時代だったのです。1919年、藤田は初めての挿絵本『詩数篇』を手がけ、1920年代には30冊以上の挿絵本がフランスで出版されました。すでに挿絵を手がけていた他の画家たちをも凌駕するこの仕事量は、当時のフランスでの藤田の人気を反映したものであると同時に、藤田自身が挿絵本の世界に魅せられていたことを物語っています。
本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった「絵のしごと」、さらには藤田が友人に送ったハガキや絵手紙、手作りのおもちゃ、陶芸作品なども同時に展示し、藤田の幅広い制作活動を紹介しています。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2017年11月10日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場西宮市大谷記念美術館(兵庫県西宮市)
会場URL

http://otanimuseum.jp/use_access.html

会期2018年1月13日(土)~ 2月25日(日)
休館日水曜日
開館時間10:00~17:00 (入館は16:30まで)
料金

一般 800円、高大生 600円、小中生 400円
※前売・20名以上の団体は各料金から200円引き
※前売券の販売は2018年1月12日まで
※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
※心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
※西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)

問合先

西宮市大谷記念美術館
〒662-0952 西宮市中浜町4-38
TEL.0798-33-0164 FAX.0798-33-1699

主催

西宮市大谷記念美術館、神戸新聞社

ホームページ

http://otanimuseum.jp/

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ