アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 〈特別展〉アメリカへ渡った二人 国吉康雄と石垣栄太郎

美術館展覧会

近畿

〈特別展〉アメリカへ渡った二人 国吉康雄と石垣栄太郎

会場:和歌山県立近代美術館

会期:2017年10月7日(土)~12月24日(日)

国吉康雄 《夜明けが来る》 1944(昭和19) 油彩、キャンバス 岡山県立美術館蔵

国吉康雄 《夜明けが来る》 1944(昭和19) 油彩、キャンバス 岡山県立美術館蔵

石垣栄太郎 《ボーナス・マーチ》 1932(昭和7)油彩、キャンバス 和歌山県立近代美術館蔵

石垣栄太郎 《ボーナス・マーチ》 1932(昭和7)油彩、キャンバス 和歌山県立近代美術館蔵

国吉康雄(くによし・やすお/1889-1953)と石垣栄太郎(いしがき・えいたろう/1893-1958)。
戦前のアメリカへ移民として渡り、太平洋戦争という困難な時期を挟みながら、画家として活躍した二人の足跡を辿ります。
国吉は岡山県岡山市から、石垣は和歌山県東牟婁郡太地町から、ともに二十歳にもならない若さで移民としてアメリカへ渡りました。様々な職に就きながら、美術学校に通い、画家を目指した二人は、ともに1920年代から活発に作品を発表し始め、ほぼ同時代をアメリカで過ごしています。
アメリカ画壇での評価を受け、戦後はホイットニー美術館にて、現存画家として最初の回顧展が開催されるなど、アメリカを代表する画家として認められた国吉。生活や風俗を描き、また社会主義に傾倒するなかで同時代の様々な問題を告発する絵画を描いた石垣。二人は、絵の修業を始めたアート・スチューデンツ・リーグ時代に出会って以来、友人関係にありました。1930年代にはニューヨークにて隣のアパートに暮らし、屋上の屏をまたいで頻繁に行き来していたと石垣の妻、綾子(1903-1996)は回想しています。太平洋戦争が始まると、彼らは「敵性外国人」という立場に置かれますが、アメリカの自由と民主主義の理想を信じ、日本の軍国主義を批判しました。
メッセージを巧みに画面に忍ばせ、象徴的な事物などによって語らせる国吉、より直截に物事を描き出す石垣と、それぞれに作風は異なりますが、二人の作品には、日本人移民排斥や大恐慌、戦争などアメリカ社会が激しく揺り動いた時代に、二つの国の間で生きた画家の複雑な思いが込められています。
同展では、その時代と社会に対して二人がどのように向き合い、作品を残したのかを、あらためて見つめる機会としたいと思います。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2017年11月10日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場和歌山県立近代美術館
会場URL

http://www.momaw.jp/map.php

会期2017年10月7日(土)~12月24日(日)
休館日月曜日
開館時間9時30分~17時(入場は16時30分まで)
料金

一般700(560)円、大学生400(320)円
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料
※毎月第4土曜日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
※関西文化の日(11月18日、19日)、和歌山県「ふるさと誕生日」(11月22日)は無料

問合先

和歌山県立近代美術館
〒640-8137 和歌山市吹上1-4-14
TEL:073-436-8690

主催

和歌山県立近代美術館

ホームページ

http://www.momaw.jp/

カテゴリー:近畿

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ