アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 日文研コレクション 描かれた「わらい」と「こわい」展 ―春画・妖怪画の世界―

美術館展覧会

近畿

日文研コレクション 描かれた「わらい」と「こわい」展 ―春画・妖怪画の世界―

会場:細見美術館(京都市左京区)

会期:2018年10月16日(火)~12月9日(日)

北斎季親「化物尽絵巻」(部分)国際日本文化研究センター

北斎季親「化物尽絵巻」(部分)国際日本文化研究センター

鈴木春信「風流座敷八景」(部分)国際日本文化研究センター

鈴木春信「風流座敷八景」(部分)国際日本文化研究センター

中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっています。本展覧会では、「笑い」と「怖い」という一見相反するテーマのもと、国際日本文化研究センター(日文研)所蔵の妖怪・春画コレクションをながめ、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をみていきたいと思います。
日文研は、1987年に日本文化に関する国際的・学術的な総合研究と世界の日本研究者に対する研究協力・支援を行うことを目的に設置され、かねてより妖怪画や春画の収集・保存を進めてきました。これらの資料は日本文化を考える上で欠かせない要素であるにもかかわらず、これまで学術的に扱われることがほとんどない物でした。近年、民俗学、美術史、社会史など多様な視点から再発見、再評価の動きが起こっています。
この展覧会では、日文研が現在所蔵する妖怪画・春画のコレクション750余点のうち、精選した約150点を紹介いたします。日文研コレクションを本格的に展観する初めての機会となります。

●この展覧会は18歳未満は入館不可(美術館・ショップ)です。
※受付にて、年齢のわかるものをご提示いただく場合があります。
※期間中展示替があります。再入場不可
1期:10月16日(火)~10月28日(日)  2期:10月30日(火)~11月11日(日)  3期:11月13日(火)~11月25日(日)  4期:11月27日(火)~12月9日(日)

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で3組6名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年10月25日(木)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場細見美術館(京都市左京区)
会場URL

http://www.emuseum.or.jp/access/index.html

会期2018年10月16日(火)~12月9日(日)
休館日月曜日
開館時間午前10時~午後6時 (毎週土曜日は午後8時まで)※入館は閉館の60分前まで
料金

1,500円(1,400円)、前売り 1,300円(販売は10月15日(月)まで ※美術館は10月8日まで)
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待(一般:1,500円→1,400円)

問合先

細見美術館
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
TEL:075-752-5555 FAX:075-752-5955

主催

細見美術館、国際日本文化研究センター、京都新聞

ホームページ

http://www.emuseum.or.jp/exhibition/ex062/

カテゴリー:近畿

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ