アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > コレクション特集展示 ジャコメッティとⅠ

美術館展覧会

近畿

コレクション特集展示 ジャコメッティとⅠ

会場:国立国際美術館 地下2階展示室

会期:2019年5月25日(土)~8月4日(日)

アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラ Ⅰ》1960-61年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫

アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラ Ⅰ》1960-61年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫

アルベルト・ジャコメッティ《男》1956年 国立国際美術館蔵

アルベルト・ジャコメッティ《男》1956年 国立国際美術館蔵

国立国際美術館では、アルベルト・ジャコメッティ(1901-66)のブロンズ彫刻《ヤナイハラ Ⅰ》(1960-61)の収蔵を記念して、「コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅰ」が開催されます。
20世紀最大の彫刻家であるジャコメッティの研究において、哲学者・矢内原伊作(1918-89)の存在はとても大きなものです。矢内原は1956年から1961年の間に繰り返し渡仏し、そのモデルを務めました。しかし、矢内原をモデルとしたブロンズ彫刻のうち完成に至ったのは二作品のみで、すべての鋳造を合わせても七体しか現存していません。そのうちの一つが、2018年に国立国際美術館のコレクションに加わりました。矢内原をモデルとしたジャコメッティの彫刻作品が日本国内に収蔵されるのは初めてのことです。
同館ではジャコメッティの油彩画《男》(1956)を2013年に収蔵しており、「見えるものを見えるとおりに」表現するべく、ジャコメッティが人生を賭して取り組み続けた絵画と彫刻の両方を観ることができます。
この展覧会では同館のコレクションに加え、神奈川県立近代美術館、石橋財団ブリヂストン美術館、富山県美術館、国立西洋美術館の所蔵作品をお借りし、ジャコメッティと矢内原の世界に迫ります。また、矢内原がモデルを務める間に書き留めた手帖に加えて、パリなどで撮影した写真を全て公開します。合わせて、ジャコメッティが生きた時代を中心に、絵画や彫刻による人物像の表現も所蔵品より紹介します。

※同時開催:5月25日(土)~8月4日(日)「抽象世界」

DATA
会場国立国際美術館 地下2階展示室
会場URL

http://www.nmao.go.jp/info/access.html

会期2019年5月25日(土)~8月4日(日)
休館日月曜日(ただし、7月15日(月・祝)は開館し、翌日休館)
開館時間10:00~17:00、金曜・土曜は20:00まで ※7・8月の金曜・土曜は21:00まで ※入場は閉館の30分前まで
料金

一般430円(220円) 大学生130円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下・18歳未満・65歳以上無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1 名無料(要証明)
※この展覧会は同時開催の「抽象世界」の観覧券でご観覧いただけます。
※夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00以降)一般250円、大学生70円
●無料観覧日:6月1日(土)、7月6日(土)、8月3日(土)

問合先

国立国際美術館
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55 
TEL:06-6447-4680(代)

主催

国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団

ホームページ

http://www.nmao.go.jp

カテゴリー:近畿

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ