アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 韓国の民画と絵本原画展―民画と絵本の出会い―

美術館展覧会

近畿

韓国の民画と絵本原画展―民画と絵本の出会い―

会場:西宮市大谷記念美術館

会期:2010年4月3日[土]―5月23日[日]

「虎図」嘉会民画博物館蔵
「虎図」嘉会民画博物館蔵

韓国の民画は李朝末期から20世紀前半にかけて、朝鮮半島の中産階級や庶民の家庭で飾られていた絵画の総称です。宮廷画家たちが中国的な主題を好んで描いたのに対して、旅の絵師によって描かれた民画は、日常生活、精神生活に深く結びついたもので、その作風は変化に富み、当時の民俗、風俗、宗教などを反映させた独特の世界を現しています。書斎に文字図や冊架図、年老いた父母のために不老草を求めた孝子と孝女の話や三国志などの長大な叙事詩を要約した連作民画などを置くことで、大人は子どもたちがそれらを通して知識や智恵を身につけてくれることを願っていたのです。
現在韓国では、絵本が子どものための新しい情操教育メディアとして脚光を浴びており、さまざまな形で出版されています。これら絵本は子どもだけではなく、大人の心と目をとらえる視覚芸術文化として、昔の「民画」のような位置を占めていると言っ
ても過言ではありません。
本展覧会では、過去100年の時間の中で変化してきた韓国の日常的な視覚芸術文化を、過去の「民画」36点と現代の「絵本原画」80点を通して紹介します。

★韓国の民画について
民俗、風俗、習俗、宗教などを反映させた独特の世界と、韓民族の美意識を可視的に表現し、深く庶民の生活に関わった民族特有の絵画表現である韓国の「民画」。李朝時代、無名の画家たちによって描かれたこれらの絵は、一般庶民の家に飾られ、親しまれていました。描かれたモチーフには象徴的な意味や祈りが込められているものもあります。魚図は卵をたくさん産むということから多産すなわち家族繁栄を象徴し、虎図は魔よけの守護神として用いられました。他国ではほとんど見られない「文字図」は、字の意味と関係がある故事や説話などの内容を字画に描き書体を構成した絵です。
儒教の徳目である<孝、悌、忠、信、礼、義、廉、恥>の8字を図式化して制作されたものがあり、教育的な意味合いが込められています。これらの民画を室内に置くことで、大人は子供たちが知識を身につけてくれることを願いました。韓国の民画は、家族全員がいつでも見ることができる民衆の芸術であり、また子供たちを楽しませる絵本でもあったのです。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。
締め切りは2010年3月26日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場西宮市大谷記念美術館
会場URL

http://www9.ocn.ne.jp/~otanimus/

会期2010年4月3日[土]―5月23日[日]
開館時間午前10時―午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金

一般800(600)円、高大生600円、小中生400円
※( )内は前売料金 前売券は3月1日よりローソンチケット(Lコード56392)で発売
※ 団体割引 20名以上の場合各料金より200円引き
※ ココロンカード、のびのびパスポート呈示の方は無料
※ 障害者手帳などをお持ちの方は無料
※ 西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)

問合先

西宮市大谷記念美術館
〒662-0952 兵庫県西宮市中浜町4-38
TEL 0798-33-0164

主催

西宮市大谷記念美術館、神戸新聞社

ホームページ

西宮市大谷記念美術館
http://www9.ocn.ne.jp/~otanimus/

カテゴリー:近畿

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ