アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 「束芋:断面の世代」展

美術館展覧会

近畿

「束芋:断面の世代」展

会場:国立国際美術館(大阪市北区)

会期:2010年7月10日(土)~9月12日(日)

国立国際美術館は、日本国内外で活躍する現代美術家束芋の個展を開催いたします。
1975年兵庫県に生まれた束芋は、京都芸術大学芸術学部情報デザイン学科に学び、卒業制作として発表した映像インスタレーション作品《にっぽんの台所》(1999年)で一躍注目を集めました。アニメーションを用いた作品で束芋がテーマとしたのは、集合住宅である団地を舞台に主婦の周辺におこる日常であり、それも現代日本社会が抱える病巣のような問題に冷静な視線を送り、強烈な「毒」を込めながら作品化しました。何百枚、何千枚と自から描くアニメーションは、手書きの原画をコンピューターに取り込みながらもペンや墨による輪郭線に北斎版画の色調を援用することで、どこか懐かしささえ漂う独特の画像を作りだしています。
その後も横浜トリエンナーレやサンパウロ・ビエンナーレ、ヴェネチア・ビエンナーレなどへの国際展の出品やパリのカルティエ現代美術財団、東京の原美術館、そしてロンドンのパラソル・ユニットでの個展など、ますます活動の幅を広げるとともに、生み出される作品も「にっぽんの」と冠された束芋が属する現代日本社会の諸相を表現するものから、自分自身と外部の関係性を見つめつつ大型インスタレーション化がはかられる作品へと変化しています。
今回の個展タイトルでもある「断面の世代」とは、「団塊の世代」に対比させて、束芋自身が自らの世代を呼称するために創造した言葉です。束芋は70年代生まれの世代は個を尊重する存在であり、その個を断面として捉えた時に二次元の断面を集積していくことで出来上がる三次元世界により新たな世界が見えてくるではないか、と考えます。その視線は、初期の作品で見せた外から内へ、社会から個へという行方から、内そして個から外へと往還させながら展開しているといえるでしょう。
関西では7年ぶりとなる今回の個展のために制作された新作5点を通じて渾身の束芋ワールドを堪能していただけるでしょう。

DATA
会場国立国際美術館(大阪市北区)
会場URL

http://www.nmao.go.jp/japanese/koutsu.html

会期2010年7月10日(土)~9月12日(日)
開館時間10:00-17:00、金曜日は19:00まで(入館は閉館の30分前まで)
料金

一般420円(210円)、大学生130円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下並びに18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方及びその付添者1名は無料(証明できるものをご提示頂く場合があります。)
※本展無料観覧日:7月10日(土)、8月7日(土)、9月4日(土)

問合先

国立国際美術館 06-6447-4680(代)

主催

国立国際美術館、読売新聞社

ホームページ

国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/

カテゴリー:近畿

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ