アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 近畿 > 親鸞展 生涯とゆかりの名宝

美術館展覧会

近畿

親鸞展 生涯とゆかりの名宝

会場:京都市美術館(京都市・左京区)

会期:2010年3月17日(木)~5月29日(日)

国宝 鏡御影 専阿弥陀仏筆 京都・西本願寺蔵 親鸞聖人絵伝(万福寺所伝) 伝親鸞筆 京都・西本願寺蔵
左:国宝 鏡御影 専阿弥陀仏筆 京都・西本願寺蔵
右:親鸞聖人絵伝(万福寺所伝) 第2幅 京都・西本願寺蔵

浄土真宗の宗祖親鸞聖人は鎌倉時代に活躍した日本を代表する仏教者です。ひたむきに仏教に向き合い、阿弥陀如来の誓願である本願の力がすべての人々を救うと説き、その教えは多くの人々に広がりました。聖人を慕う人たちの集まりが、やがて巨大な輪となり、聖人を宗祖とする西本願寺、東本願寺をはじめ真宗教団連合加盟十派の関係寺院は国内に約二万三千ヵ寺、門信徒数約二千万人を数え、海外にもひろがっています。
聖人が亡くなって七百五十回忌の大法要を迎える機会に、半世紀に一度の記念事業の一環として「親鸞展」を開きます。真宗教団連合設立四十周年の記念展でもあります。
親鸞聖人が筆をとった名号、経註、和讃など数々の真筆、聖人の姿を描いた御影をはじめ、各本山、関係寺院などに伝わる聖教文書、歴史資料、文化の粋を極めた美術品を可能な限り集めました。国宝九件・重要文化財三十五件を含め百三十件に及びます。全国にひろがる聖人ゆかりの法宝物を、聖人が生まれ、九十歳の生涯を閉じた京都で一堂にご覧いただけるのは得難い機会です。展観を通じて聖人の教えの真髄にふれていただき、混迷の現代、さらには将来への指針となれば幸いです。

※平成23年は、法然上人八百回忌にも相当します。同時期に京都国立博物館で開催される特別展覧会「法然 生涯と美術」(3月26日(土)~5月8日(日))とあわせてご覧になるとより理解が深まります。
「法然 生涯と美術」(3月26日(土)~5月8日(日))展覧会情報はこちら:http://www.holbein-artistnavi.com/artnews/museumexhibition/m-kinki/8370.htm

DATA
会場京都市美術館(京都市・左京区)
会場URL

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/information/access.html

会期2010年3月17日(木)~5月29日(日)
休館日月曜休館(3月21日は開館)
開館時間午前9時~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
料金

当日:一般1300円、高大生900円、小中生500円
前売り・団体:一般1100円、高大生700円、小中生300円
※団体は20名様以上
※障害者手帳等を持参の方は無料
※前売り券:チケットぴあ、ローソンチケットほか主要プレイガイドで2011年1月より発売予定

問合先

TEL:06-6131-3626 「親鸞展」事務局

主催

京都市美術館、真宗教団連合、朝日新聞社

ホームページ

展覧会公式WEBサイト
http://www.asahi.com/shinran/

京都市美術館WEBサイト
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/

カテゴリー:近畿

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ