アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 九州・沖縄 > パナソニック汐留美術館コレクション
ジョルジュ・ルオー展-心に響く魂の色彩-

美術館展覧会

九州・沖縄

パナソニック汐留美術館コレクション
ジョルジュ・ルオー展-心に響く魂の色彩-

会場:宮崎県立美術館

会期:2019年6月15日(土)~7月21日(日)

ジョルジュ・ルオー《マドレーヌ》(1956年)パナソニック汐留美術館蔵

ジョルジュ・ルオー     《マドレーヌ》(1956年)   パナソニック汐留美術館蔵

20世紀フランス絵画の巨匠ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、黒の力強い輪郭線と厚く塗り重ねられた鮮やかな色彩により、独自の世界を描き出した作品で広く知られています。ルオーは、人間の本質にまで迫る深い洞察により、サーカスや道化師、労働者、キリストや聖人、聖書の風景などをテーマに、人々の苦悩や慈愛、前向きに生きようとする希望や情熱、時に弱さや醜さをも描きました。人間の心を揺さぶるルオーの作品は、今なお多くの人々を魅了しています。
この展覧会では、世界有数のルオー・コレクションで知られるパナソニック汐留美術館の所蔵品から、代表作である油彩画の「キリスト」や「道化師」、版画集『ミセレーレ』をはじめ、水彩やパステル画など、選りすぐった103点を紹介します。さらに、宮崎県立美術館所蔵の版画作品から21点を加えた全124点により、ルオーの初期から晩年までの60年以上に渡る画業をたどり、その芸術世界に迫ります。

DATA
会場宮崎県立美術館
会場URL

http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/gaiyou/access.html

会期2019年6月15日(土)~7月21日(日)
休館日月曜日(ただし7月15日(月・祝)は開館)及び7月16日(火)
開館時間午前10時~午後6時(展示室への入室は午後5時30分まで)
料金

一般:1,000円(800円)、ペア前売:1,500円 、小・中・高生:500円(300円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金(前売券の販売は6月14日まで)
※ちらし、ホームページ等のクーポン使用の場合は100円割引
※全教互会員カード、JAF会員カード、SD(セーフドライバー)カードご提示の方(提示者を含め5名まで) は団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、障害者手帳をご提示の方、本人とその介護同伴者1名は無料

問合先

宮崎県立美術館
〒880-0031 宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
TEL:0985-20-3792 FAX:0985-20-3796

主催

ジョルジュ・ルオー展実行委員会 [宮崎県立美術館、UMKテレビ宮崎、宮崎県教職員互助会]、宮崎日日新聞社
特別協力:パナソニック汐留美術館
企画協力:ホワイトインターナショナル
後援:宮崎県市町村教育委員会連合会、(公財)宮崎県芸術文化協会、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞西部本社、西日本新聞社、夕刊デイリー新聞社、エフエム宮崎、宮崎サンシャインエフエム、(株)ケーブルメディアワイワイ、MCN宮崎ケーブルテレビ、BTV

ホームページ

http://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/

カテゴリー:九州・沖縄

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ