アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

九州・沖縄

デザインあ展 in KUMAMOTO

会場:熊本市現代美術館 ギャラリーⅠ・Ⅱ

会期:2019年6月30日(日)~9月8日(日)

デザインあ展 in KUMAMOTO デザインあ展 in KUMAMOTO

こどもたちのデザイン的な思考をはぐくむテレビ番組・NHK Eテレ「デザインあ」。番組では、身のまわりに意識を向け(みる)、どのような問題があるかを探り出し(考える)、よりよい状況を生み出す(つくる)という一連の思考力と感性を「デザインマインド」ととらえ、斬新な映像表現をもちいて伝えてきました。「デザインあ展」は、この「デザインマインド」を、みて、体験できる展覧会です。

この展覧会は大きく3つのセクションで構成され、モノやコト、概念といったテーマをほりさげていきます。私たちの日常や身のまわりには数多くのデザインがあること、そして意識しないと気付かないデザインの力やデザイン的なものの考え方について、さまざまな角度とユニークな切り口によって、楽しみながら身近に感じてもらえるのがこの展覧会の特徴です。優れたデザインには、人と人、人とモノを、よりよくつなぐ工夫があります。こどもはもちろんのこと、多くの大人にとっても、「見る」「考える」「つくる」ことの豊かさを感じ取り、「あ!」という発見を楽しんでもらえる機会となるでしょう。

★番組「デザインあ」
 NHK Eテレ・・・土曜 午前 7:00~7:15 / 金曜 午後 10:45~11:00
 BSプレミアム・・木曜 午前 11:15~11:30
★番組「デザインあ 5分版」
 NHK Eテレ・・・月曜~金曜 午前 7:25~7:30 / 木曜 午後 5:40~5:45
総合指導:佐藤 卓/映像監修:中村勇吾/音楽:コーネリアス

番組サイト:http://www.nhk.or.jp/design-ah/

DATA
会場熊本市現代美術館 ギャラリーⅠ・Ⅱ
会場URL

https://www.camk.jp/information/access/

会期2019年6月30日(日)~9月8日(日)
休館日火曜日
開館時間10:00~20:00(展覧会入場は19:30まで)
料金

一般:1,300(1,100)円、シニア(65歳以上):1,000(800)円、学生(高校生以上):800(600)円、中学生以下:無料
※( )内は前売りおよび団体料金、夕方割引料金(17時以降にご入場の方)、以下を提示した場合の料金:
各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等/付き添い者1名にも適用)、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証
※前売り券は、6月29日(土)まで同館にて販売。
※美術館友の会証を提示の場合は無料(1展覧会につき1回限り)。
※7月27日(土)・28日(日)は城下町くまもとゆかた祭のため、浴衣着用者は観覧料半額(他の割引との併用不可)。
※夕方割引チケットは毎日17時以降に販売(当日限り有効)。

問合先

熊本市現代美術館
〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町2番3号 びぷれす熊日会館3F
TEL:096-278-7500 FAX:096-359-7892

主催

熊本市現代美術館[熊本市・公益財団法人熊本市美術文化振興財団]、NHK熊本放送局、NHKエデュケーショナル、NHKプラネット九州、熊本日日新聞社
制作協力:NHKプロモーション
機材協力:ジャパンマテリアル株式会社、フォステクスカンパニー
映像協力:TYO/モンスター
資材協力:ステッドラー日本株式会社
協力:崇城大学芸術学部デザイン学科、上通商栄会、JAGDA熊本
後援:熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、J:COM、エフエム熊本、FM791

ホームページ

公式ウェブサイト:https://www.design-ah-exhibition.jp/

美術館サイト:https://www.camk.jp/

カテゴリー:九州・沖縄

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ