アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > Fresco 時を航るフレスコ II

美術館展覧会

東京

Fresco 時を航るフレスコ II

会場:多摩美術大学美術館

会期:2009年7月30日(木)~9月6日(日)

Fresco 時を航るフレスコ II
ユーラシアのフレスコ技法と現代へのアプローチ 展

fresco展 作品

本展は、多摩美術大学共同研究「ヨーロッパ・アジアにおけるフレスコ画研究」(日本を含むシルクロードのフレスコ技法を探求する)の成果を発表するもので、昨年に引き続き第2回目の展覧会です。

絵画の歴史を紐解く時、それはフレスコの足跡を辿ることに他なりません。古代ギリシアの貴重な壁画「燕と百合」、エトルリア墳墓内の活力溢れた人物像、そしてベスビオ火山の噴火で灰に埋もれたポンペイ街の絵画はフレスコによって現在まで伝えられています。また中世絵画にまで影響を与え続けたビザンティン美術の教会画もフレスコによって描かれました。さらに、ルネッサンス時代となるとジオット・ディ・ボンドーネが創案したとされている「ブオン・フレスコ」によってフレスコは進展します。ここでは「ジョルナータ法」という画面下地を塗り継ぐ方法によって大画面を構成することが可能になりました。そしてタブローが主流となる18世紀頃まで、フレスコは絵画の大きな位置を占めていました。まさに、人類の歩みと共にフレスコは描かれ、時を超えて色彩を留めてきたと言っても過言ではありません。

では、なぜフレスコは時の浸食に耐えられたのでしょうか。その秘密は下地に用いられる石灰層と顔料が作り出すフレスコ現象にあります。人類最古の絵画、旧石器時代のアルタミラ洞窟壁画が今日まで彩色を留めている理由、実は洞窟内の石灰岩表面に描かれたことが幸いし、「天然のフレスコ」となったからでした。

本展では、フレスコを成立させている根源であるこの石灰に注目し、地中海からアジアまでの歴史的フレスコの「裏」に迫り技法解明し、そのプロセスを公開します。そして石灰下地の絵画をフレスコとして共通の視座とする時、敦煌莫高窟や高松塚古墳壁画も同じ範疇であることが明らかとなり、ユーラシア大陸を跨ぐ新しい絵画文化論が浮かびあがります。

本展のもう一つの見所は、この研究成果を踏まえていかにして現代へ発展させることができるかというテーマにあります。壁や支持体を介して成立するフレスコは現代建築の作り出す空間と一体となり、そこに関わる人々へ向けてのプレゼンテーションとなるに違いありません。フレスコを通じてアートと社会の未来を提案いたします。

そして、何よりもこの日本において、フレスコを身近に感じる機会を提供したいと考え、その美しさと魅力をご覧いただければと存じます。

DATA
会場多摩美術大学美術館
会場URL

http://www.tamabi.ac.jp/museum/default.htm

会期2009年7月30日(木)~9月6日(日)
開館時間10:00―18:00(入館は17:30まで)
料金

大人300(200)円/大高生200(100)円
*( )内は20名以上の団体料金
*障害者および同伴者、中学生以下は無料

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ