アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 特別展 「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画」 展

美術館展覧会

東京

特別展 「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画」 展

会場:江戸東京博物館

会期:2009年9月19日(土)~11月8日(日)
※会期中展示替えあり。

山村耕花「七世松本幸四郎の助六」  1920年(大正9) 江戸東京博物館蔵

山村耕花「七世松本幸四郎の助六」 1920年(大正9) 江戸東京博物館蔵

小早川清「近代時世粧ノ内ほろ酔い」 Arthur M. Sackler Gallery,S2003.8.1092  1930年(昭和5) スミソニアン協会アーサー・M・サックラー・ギャラリー蔵

小早川清「近代時世粧ノ内ほろ酔い」 Arthur M. Sackler Gallery,S2003.8.1092 1930年(昭和5) スミソニアン協会アーサー・M・サックラー・ギャラリー蔵


○新版画とは

新版画とは、江戸時代の浮世絵版画と同様の技法によって制作された大正から昭和初期に発展した木版画です。風前の灯であった伝統的な木版技術。それらを復興するとともに、新たな芸術を生み出そうと、版元、版画家、彫師、摺師らが結集し、さまざまな画題の 2,000点を超える新版画が作られました。 1930年代の欧米では、浮世絵につらなる優れた日本美術として、新版画は衝撃をもって受け入れられました。
本展では、国内の優品や館蔵の作品のみならず、世界最高峰の新版画コレクション、 ムラー・コレクション(スミソニアン協会アーサー・M・サックラー・ギャラリー蔵) を 日本初公開いたします。


○ムラー・コレクションとは

新版画のコレクターとして著名であったロバート・ムラー氏(1911~2003)は、新版画の高度な技法や、描かれた情景に感銘を受け、1932 年(昭和7)に、川瀬巴水の「清洲橋」からコレクションを開始しました。彼は、日米開戦間際の1940年(昭和15)に来日するなど、新版画の版元や版画家と交流を深め作品を収集しました。その総数は、明治錦絵等を含め4,000点を超え、まさに世界最大級の日本近代版画コレクションと言えます。
コレクションは、彼の没後、米国スミソニアン協会アーサー・M・サックラー・ギャラリー(ワシントンDC)に、寄贈されました。本展では、日本との関わりが特に深い、選りすぐりの新版画作品を展示します。

川瀬巴水「清洲橋」 Arthur M. Sackler Gallery,S2003.8.761  1931年(昭和6) スミソニアン協会アーサー・M・サックラー・ギャラリー蔵

川瀬巴水「清洲橋」 Arthur M. Sackler Gallery,S2003.8.761 1931年(昭和6) スミソニアン協会アーサー・M・サックラー・ギャラリー蔵

観覧料(税込) 特別展観覧券 特別展・常設展共通券 前売観覧券
一般 1,300円(1,040円) 1,520円(1,210円) 1,100円
大学生・専門学校生 1,040円(830円) 1,210円(960円) 840円
中学生(都外)・高校生・65歳以上 650円(520円) 760円(600円) 450円
小学生・中学生(都内) 650円(520円) なし 450円

※ ( ) 内は20名以上の団体料金。
※ 共通券は江戸東京博物館のみで販売します。
※次の場合は観覧料が無料です。
未就学児童。 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。
※小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展観覧料が無料のため共通券はありません。

DATA
会場江戸東京博物館
会場URL

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

会期2009年9月19日(土)~11月8日(日)
※会期中展示替えあり。
開館時間開館時間9:30~17:30 ※土曜日は19:30 まで(入館は閉館の30 分前まで)
問合先

江戸東京博物館
〒130-0015 東京都墨田区横網一丁目4番1号 TEL.03-3626-9974(代)

主催

(財) 東京都歴史文化財団東京都江戸東京博物館、朝日新聞社

カテゴリー:東京

タグ:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ