アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 小野木学 絵本原画展 ―ぼくの中のコドモ―

美術館展覧会

東京

小野木学 絵本原画展 ―ぼくの中のコドモ―

会場:練馬区立美術館

会期:2017年11月26日(日)~2018年2月11日(日)

『しつけの本・かたち』(世界文化社、1972年)挿絵原画

『しつけの本・かたち』(世界文化社、1972年)挿絵原画

小野木学(1924~1976)は、その人生の半分を練馬区で過ごした地域ゆかりの人物であり、練馬区立美術館所蔵作家の中で最も所蔵点数が多い画家です。東京都豊島区に生まれた小野木は、旧制中学在学中に肺を病んだことから、23歳頃画家として生きる道を意識するようになりました。独学で絵画を学び、1953年自由美術展へ油彩画を初めて出品。以後自由美術展やアンデパンダン展などで活躍しました。
一方1960年代から児童書や絵本への挿絵の仕事も多く、1970年には『おんどりと二まいのきんか』(ポプラ社、1969年)ほかで第19回小学館絵画賞(現・小学館児童出版文化賞)を受賞。現在も出版されている創作絵本『かたあしだちょうのエルフ』(ポプラ社、1970年)は、71年の青少年読書感想文全国コンクールにも選ばれています。これまでにも練馬区立美術館では、小野木の様々な仕事に焦点を当てた展覧会を開催してきましたが、今回は同館所蔵の挿絵や絵本原画を中心に展示し、その仕事を改めて問う試みです。シンプルな鉛筆画や楽しげなコラージュ、絵具をたっぷりと使った挿絵や版画など、「ぼくの中のこどもがおもしろがって描いた」その多彩な表現をお楽しみください。

DATA
会場練馬区立美術館
会場URL

https://www.neribun.or.jp/access/museum.html

会期2017年11月26日(日)~2018年2月11日(日)
休館日月曜日 ※ただし、1月8日(月・祝)は開館、翌9日(火)は休館。12月29日~1月3日。
開館時間午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
料金

無料

問合先

練馬区立美術館
東京都練馬区貫井1-36-16
TEL:03-3577-1821
E-mail : info-museum@neribun.or.jp

主催

練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)

ホームページ

https://www.neribun.or.jp/museum.html

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ