アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 工芸館開館40周年記念 名工の明治

美術館展覧会

東京

工芸館開館40周年記念 名工の明治

会場:東京国立近代美術館工芸館

会期:2018年3月1日(木)~5月27日(日)

工芸館開館40周年記念 名工の明治

明治時代、その優れた技術によって帝室技芸員に任命された鈴木長吉(1848-1919)。東京国立近代美術館工芸館所蔵の《十二の鷹》は彼の代表作の一つで、1893年アメリカで開催されたシカゴ・コロンブス世界博覧会で発表されました。古来より武将たちが好んで行った鷹狩りで用いられる鷹をモチーフに、本物と見紛うリアルな表現と、金、銀、銅、赤銅、四分一といった金属の色を巧みにちりばめた華やかさで、世界の人々を驚かせました
同館では、数年をかけてこの《十二の鷹》の修復に取り組んできましたが、このたび修復後初のお披露目となります。長らく失われていた鉾垂れ(鷹の止まり木に使用される装飾布)も復元され、発表当初の鮮やかな色合いがよみがえりました。「明治150年」にもちなみ、この展覧会では、現代の工芸作品も含め、同館所蔵の高い技術力と表現力を兼ね備え明治の精神を今に伝える名工たちの作品約100点もあわせてご覧いただけます。

DATA
会場東京国立近代美術館工芸館
会場URL

http://www.momat.go.jp/cg/visit/

会期2018年3月1日(木)~5月27日(日)
休館日月曜日(3月26日、4月2日、4月30日は開館)
開館時間10:00~17:00 ※入館は閉館30分前まで
料金

一般250円(200円)、大学生130円(60円)
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会、賛助会員(同伴者1名まで)MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、会員証、社員証、障害者手帳をご提示ください。

問合先

東京国立近代美術館工芸館
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1
03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)

主催

東京国立近代美術館

ホームページ

http://www.momat.go.jp

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ