アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー

美術館展覧会

東京

巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

会期:2018年7月14日(土)~9月9日(日)

三岸節子 《花Ⅰ》1940年頃 37.5×27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©MIGISHI

三岸節子 《花Ⅰ》1940年頃 37.5×27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©MIGISHI

猪熊弦一郎 《顔》1950年 39.3×27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©The MIMOCA Foundation

猪熊弦一郎 《顔》1950年 39.3×27.8cm サクラアートミュージアム蔵 ©The MIMOCA Foundation

子どものころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し、伸びやかで発色がよく、混色や塗り重ね、ひっかくなどの幅広い表現が可能です。クレパスが学校教材として普及したため、もっぱら子ども向けのものと思われがちですが、その優れた特性は、油絵具の入手が難しかった第二次大戦直後に多くの画家たちに注目され、次第に独自な画材として絵画表現に取り入れられるようになりました。
この展覧会では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎(かなえ)をはじめ、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も併せて紹介します。100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画の競演をどうぞお楽しみください。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年7月6日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会場URL
http://www.sjnk-museum.org/access

http://www.sjnk-museum.org/access

会期2018年7月14日(土)~9月9日(日)
休館日月曜休館(ただし7月16日は開館、翌17日も開館)
開館時間午前10時~午後6時まで(入館は午後5時30 分まで)
料金

一般1,000(800)円、大学・高校生700(500)円、65 歳以上800円、中学生以下無料
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※前売りは7月13日まで
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料

問合先

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、産経新聞社

ホームページ

http://www.sjnk-museum.org/

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ