アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 人間国宝・桂 盛仁 金工の世界 -江戸彫金の技-

美術館展覧会

東京

人間国宝・桂 盛仁 金工の世界 -江戸彫金の技-

会場:練馬区立美術館

会期:2018年12月1日(土)~2019年2月11日(月・祝)

《蟹 盒子》昭和55(1980)年 金・銀・四分一・赤銅・銅 東京国立近代美術館工芸館蔵

《蟹 盒子》昭和55(1980)年 金・銀・四分一・赤銅・銅 東京国立近代美術館工芸館蔵

《木菟 香爐》平成5(1993)年 四分一・赤銅・金・銀 個人蔵

《木菟 香爐》平成5(1993)年 四分一・赤銅・金・銀 個人蔵

桂盛仁(かつら もりひと/1944生)は長年に亘り練馬区に在住し制作を続けている、人間国宝に認定された金工作家です。
江戸時代初期から続く彫金の一派、柳川派の流れを汲み、明治・大正・昭和期にかけて、煙草入れなど装身具の彫金で大人気を博した二代豊川光長、桂光春を輩出した流派で、伯父である光春を継いだのが盛仁の父、桂盛行(かつら もりゆき/1914~96)となります。
父、盛行のもとで修行した桂盛仁は、打ち出しや彫金、象嵌、色絵等の技法を駆使し、日本伝統工芸展などで高い評価を得てきました。宮内庁買い上げ、文化庁長官賞を受賞するなど研鑽を積み、2008年に重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)に認定されています。
昨今、明治期の卓越した工芸作品を“超絶技巧”と称し、ロストテクノロジーとしての評価がなされてきていますが、そうした工芸の技術が脈々と受け継がれてきていることは、柳川派、そして桂盛仁の金工を見ると明らかです。
この展覧会は、桂盛仁の初期から近作までを通観するとともに、桂のルーツである、盛行、そして、光長、光春の作品も併せて展示し、今に生き続ける江戸彫金の技を再認識するものです。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2018年11月30日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場練馬区立美術館
会場URL

https://www.neribun.or.jp/access/museum.html

会期2018年12月1日(土)~2019年2月11日(月・祝)
休館日月曜日 ※ただし、12月24日(月・休)・1月14日(月・祝)・2月11日(月・祝)は開館、12月25日(火)・1月15日(火)は休館 年末年始(12月29日~1月3日)
開館時間午前10時~午後6時 ※入館は午後5時30分まで
料金

一般:300円、高・大学生および65~74歳:200円、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般):150円、障害者(高校、大学生):100円
※団体(一般)200円、団体(高校、大学生)100円
※ぐるっとパスご利用の方無料(年齢などによる割引の適用外になります)
※友の会会員ご招待(同伴者1名まで)。観覧当日、受付で会員証をご提示のうえ、招待券をお受取ください。
※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金でご観覧いただけます。

問合先

練馬区立美術館
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821

主催

練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)

ホームページ

https://www.neribun.or.jp/museum.html

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ