アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 「ソフィ カル―限局性激痛」 原美術館コレクションより

美術館展覧会

東京

「ソフィ カル―限局性激痛」 原美術館コレクションより

会場:原美術館(東京・品川)

会期:2019年1月5日(土)~3月28日(木)

「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示

「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示

「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示

「ソフィ カル―限局性激痛」1999-2000年 原美術館での展示

世界的に注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィ カル。
19年前に原美術館で開催され、大きな反響を呼んだソフィ カルの個展「限局性激痛」(1999-2000年)を、フルスケールでご覧いただく再現展が開催されます。
同展は日本の美術館におけるカルの初個展として開催され、会期終了後、全出品作品がコレクションに加えられました。「限局性激痛」とは、医学用語で身体部位を襲う限局性(狭い範囲)の鋭い痛みや苦しみ を意味し、カル自身の失恋体験による痛みとその治癒を、写真と文章で作品化したものです。人生最悪の日までの出来事を最愛の人への手紙や写真で綴った第一部と、不幸話を他人に語り、代わりに相手の最も辛い経験を聞くことで、自身の心の傷を少しずつ癒していく様子を、美しい写真と刺繍で綴った第二部で構成されます。
自身の人生をさらけ出し、他人の人生に向き合うカルの制作に多くの鑑賞者が心を打たれることでしょう。しかし一方で、カルの作品には常に虚か実か判然としない曖昧さが漂い、全てを素直に信じることの危うさも問題にしています。鑑賞者にさまざまな問いを投げかけるカルの作品を、この機会に是非ご覧ください。

DATA
会場原美術館(東京・品川)
会場URL

https://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/access/

会期2019年1月5日(土)~3月28日(木)
休館日月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日
開館時間11:00~17:00(水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
料金

一般1,100円、大高生700円、小中生500円/原美術館メンバーは無料
※学期中の土曜日は小中高生の入館無料/20名以上の団体は1人100円引
※年齢を確認できる書類のご提示により、70歳以上550円
※身障者手帳のご提示により、ご本人は半額、介助者1人無料
※カフェ、ショップのみのご利用にも入館料が必要です。

問合先

原美術館
東京都品川区北品川4-7-25
TEL:03-3445-0651 FAX:03-3473-0104

主催

原美術館

ホームページ

https:/www.haramuseum.or.jp

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ