アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > ~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

美術館展覧会

東京

~桐村喜世美氏所蔵品受贈記念~岩﨑家のお雛さまと御所人形

会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)

会期:2019年1月29日(火)~3月24日(日)

「岩﨑家雛人形」のうち内裏雛(稚児雛) 五世大木平藏製 昭和初期 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

「岩﨑家雛人形」のうち内裏雛(稚児雛) 五世大木平藏製 昭和初期 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

「享保雛」江戸時代後期 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

「享保雛」江戸時代後期 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

丸く愛らしい顔立ちに品格のただよう、幼児の姿をした内裏雛をはじめ、子供仕立てに作られたお雛さまは、昭和初期、三菱第4代社長の岩﨑小彌太(1879-1945)が夫人孝子のために、京人形司の老舗・丸平大木人形店の五世大木平藏に、特別に誂えさせたものです。豪華な装束の織りや染め、刺繍、金工など、精緻を尽くした工芸美が随所に見られるこの雛人形は、戦後ひとたび散逸しましたが、京都福知山市の桐村喜世美氏により、段飾りの雛人形15体すべてと道具類の多くが、奇跡的に集められて岩﨑家ゆかりの静嘉堂に寄贈されました。
この展覧会は、この「岩﨑家雛人形」とともに、武者人形や犬筥(いぬばこ)など人形の優品が多数、静嘉堂に寄贈されたことを記念し、感謝をこめて開催するものです。
また五世大木平藏の傑作とうたわれる、小彌太の還暦祝いに孝子夫人から贈られた、58体からなる日本の童子や唐子たち、七福神の寿ぐ「木彫彩色御所人形」も、一堂に並びます。
喜びの表情にあふれるかわいらしい人形たちの姿を、静嘉堂庭園の梅の季節にどうぞお楽しみ下さい。

DATA
会場静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)
会場URL

http://seikado.or.jp/guide/access.html

会期2019年1月29日(火)~3月24日(日)
休館日毎週月曜日(ただし、2月11日は開館)、2月12日(火)
開館時間午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
料金

一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
※団体割引は20名以上
※リピーター割引:会期中に本展の入館券を提示すると、2回目以降は200円引きとなります。
※本展会期中、「三井記念美術館との相互割引」があります。

問合先

静嘉堂文庫美術館
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催

静嘉堂文庫美術館

ホームページ

http://seikado.or.jp

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ