アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―

美術館展覧会

東京

特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―

会場:住友コレクション 泉屋博古館分館(東京)

会期:2019年3月16日(土)~5月10日(金)

幹山伝七《色絵金彩花鳥文花瓶》    明治前期(19世紀)   泉屋博古館分館(通期)

幹山伝七《色絵金彩花鳥文花瓶》 明治前期(19世紀) 泉屋博古館分館(通期)

《鶴亀形ボンボニエール》明治天皇大婚25年祝典 明治27年(1894)3月9日  個人蔵(通期)

《鶴亀形ボンボニエール》明治天皇大婚25年祝典 明治27年(1894)3月9日 個人蔵(通期)

平成30年(2018)は、明治維新から150年でした。これを記念し「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」展が全国巡回で開催されています。そのフィナーレを飾るのが泉屋博古館分館のこの展覧会です。
明治時代(1868-1912)、諸外国との外交のために皇室では洋装を採り入れ、洋食にて外国使臣をもてなしました。その舞台は、延遼館、鹿鳴館そして明治宮殿へと移り変わります。宮中晩餐会の食器やドレス、ボンボニエールなど華やかな宮廷文化を紹介します。
また、明治皇室は伝統文化の保護を提唱し、「帝室」(皇室)が「技芸」(美術)の制作活動を奨励する「帝室技芸員」制度が誕生します。美術界の最高の栄誉とされた彼らの作品は、日本文化の象徴として海外でも賞賛されました。明治150年、そして新時代が幕を開ける今、明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美をご覧ください。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2019年3月1日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場住友コレクション 泉屋博古館分館(東京)
会場URL

https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/access.html

会期2019年3月16日(土)~5月10日(金)
休館日月曜日(4月29日、5月6日は開館、4月30日、5月7日休館)、4月16日(展示替え)
開館時間10:00~17:00(入館は16時30分まで)
料金

一般800円(640)、高大生600円(480)、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※障がい者手帳ご呈示の方、および付添人1名まで無料

問合先

住友コレクション 泉屋博古館分館
〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
TEL:03-5777-8600(ハロ-ダイヤル)

主催

公益財団法人 泉屋博古館、毎日新聞社

共催:学習院大学史料館
  ※共催展(出品作品は異なります)
  2019年3月20日(水)~5月18日(土)
 詳細はこちらをご覧ください。

ホームページ

展覧会公式サイト:http://hanahiraku-koshitsubunka.jp/

美術館サイト:https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ