アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 「美術館の春まつり」

美術館展覧会

東京

「美術館の春まつり」

会場:東京国立近代美術館本館および工芸館

会期:2019年3月19日(火)~4月7日(日)

跡見玉枝《桜花図巻》(部分) 1934年

跡見玉枝《桜花図巻》(部分) 1934年

皇居や千鳥ヶ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地しており、散策で巡るにも絶好のロケーションにある、東京国立近代美術館。2019年春も、様々な催しが用意されています。
本館「所蔵作品展 MOMATコレクション」では、桜が描かれた名作《行く春》はもちろん、しだれ桜、うこん桜、おおしま桜といった40種類を超える希少な桜が描かれた跡見玉枝《桜花図巻》、さらには加山又造《春秋波濤》、船田玉樹《花の夕》、松林桂月《春宵花影図》などこの季節ならではの名画が並びます。
また今回初めて、初代宮川香山《鳩桜花図高浮彫花瓶》、木村雨山《縮緬地友禅あおい文振袖》などの工芸作品も一緒にご覧いただけます。さらに安井曽太郎、梅原龍三郎などの洋画、ポール・セザンヌ、パウル・クレーなどの海外作品も並び、特集展示以外にも会場の各所に点在する、花を描いた作品を探しながらの鑑賞もお楽しみいただけます。千鳥ヶ淵や美術館周辺の桜とともに、春を感じるスポットとしておすすめです。

まるで作品の謎解きをするような鑑賞体験ができると評判の、対話による「所蔵品ガイド」を毎日14時から実施するほか、4月7日の無料観覧日には「春まつりトークラリー」を開催。スタンプラリー方式で作品を巡り、ガイドスタッフと話しながらその魅力に迫るスペシャルプログラムもあります。

本館前庭には床几台が並び、桜を眺めながら休憩できます。またレストラン「ラー・エ・ミクニ」では前庭にキッチンカーを出店して、特製お花見弁当やスパークリングワイン(桜色のロゼ)、甘酒なども販売されます。

※期間中に近隣で「千代田のさくらまつり」(主催:千代田区観光協会ほか)が開催予定(日程は桜の開花状況によります)

■本館で同時開催の展覧会
・「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」(3月12日~5月26日、1F)
・「イメージコレクター・杉浦非水展」(前期:2月9日~4月7日、後期:4月10日~5月26日、2F ギャリー4)
■工芸館で同時開催の展覧会
・「The 備前 -土と炎から生まれる造形美-」 (2月22日~5月6日)

DATA
会場東京国立近代美術館本館および工芸館
会場URL

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/springfest2019/

会期2019年3月19日(火)~4月7日(日)
休館日月曜日[ただし3月25日、4月1日は開館]
開館時間10:00~17:00(本館のみ金曜・土曜は10:00-20:00)※入館は閉館30分前まで
料金

本館「所蔵作品展 MOMATコレクション」観覧料
一般 500円(400円)、大学生 250円(200円)
※5時から割引料金:一般 300円、大学生 150円
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
※4月7日(日)は所蔵作品展、杉浦非水展のみ無料観覧日です。
※所蔵作品展の観覧料で、入館当日に限り、「イメージコレクター・杉浦非水展」(ギャラリー4、2F)も観覧いただけます。

問合先

東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)

主催

東京国立近代美術館

ホームページ

http://www.momat.go.jp/

カテゴリー:東京

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ