アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 特別展 アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~

美術館展覧会

東京

特別展 アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~

会場:千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室

会期:2019年4月26日(金)~6月23日(日)

歌川広重《名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣》 1857年 〈通期展示〉

歌川広重《名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣》 1857年 〈通期展示〉

歌川国利《志んぱんねこ尽》 1890年 〈通期展示〉

歌川国利《志んぱんねこ尽》 1890年 〈通期展示〉

日比谷図書文化館では4月26日(金)より、「アートになった猫たち展」が開催されます。現在、空前の猫ブームと言われていますが、200年も前の江戸時代から猫ブームは存在していました。江戸の町では、愛猫家の絵師・国芳が人気を博し、多様な猫の姿が浮世絵に描かれました。愛らしく、時に神秘的な猫は、美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、猫顔で人気役者になりきって愛嬌たっぷりの姿を披露する猫など、江戸の庶民に広く親しまれてきました。また近代では、竹久夢二、藤田嗣治、水野年方、海外ではビアズリーなどが自らの作品に好んで猫を描き、多くの人々を魅了してきました。
この展覧会は、浮世絵蒐集家・中右瑛氏が長年にわたり蒐集した浮世絵と近代美人画のコレクションを中心に、暮らしの中に描かれた猫や、猫を愛した芸術家たちの作品約100点(展示替えを含む)を紹介するものです。 人々を惹きつけてやまない猫たちと、人と猫の深い関わりをお楽しみください。

※会期中一部作品の展示替えがあります。
前期:2019年4月26日(金)~5月19日(日)  後期:5月21日(火)~6月23日(日)

チケットプレゼント
※アーチストナビでは、上記展覧会のご招待券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。締め切りは2019年4月12日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室
会場URL

https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/access/

会期2019年4月26日(金)~6月23日(日)
休館日5月20日(月)、6月17日(月)
開館時間月~木:午前10時~午後7時、金:午前10時~午後8時、土:午前10時~午後7時、 日・祝:午前10時~午後5時 (入室は閉室の30分前まで)
料金

一般300円、大学・高校生200円
※千代田区民・中学生以下、障害者手帳などをお持ちの方、および付き添いの方1名は無料
※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳などをお持ちください。

問合先

日比谷図書文化館
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
TEL:03-3502-3340(代表)

主催

千代田区立日比谷図書文化館
監 修:中右 瑛(国際浮世絵学会常任理事)

ホームページ

https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ