アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~

美術館展覧会

東京

書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~

会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)

会期:2019年6月22日(土)~8月4日(日)

『紅毛雑話』森島中良 江戸時代・天明7年(1787) 静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】

『紅毛雑話』森島中良 江戸時代・天明7年(1787) 静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】

『日本創製銅版新鐫 天球全図』のうち「天球図(部分)」司馬江漢 江戸時代・寛政8年(1796)頃 静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】

『日本創製銅版新鐫 天球全図』のうち「天球図(部分)」司馬江漢 江戸時代・寛政8年(1796)頃 静嘉堂文庫蔵 【全期間展示】

2020年、いよいよ東京でオリンピックが開催されます。この大イベントを控え、改めて日本と海外との交流の歴史を、本を通して振り返ってみようという展示が静嘉堂文庫美術館で開催されます。
周囲を海に囲まれた国、日本。しかしそれにも関わらず、この列島はその長い歴史を通して他国との往来が途絶えたことはありませんでした。日本文化の根幹を成す漢字・仏教なども、言うまでもなく“外来文化”でした。日本の歴史と文化は、絶え間なく続けられてきた海外との交流の中で育まれてきたものと言えるでしょう。
古代以来、我が国の文化は大陸や半島の影響を大きく受けてきました。更に江戸時代には西洋からもたらされる情報も大きな力を持つようになりました。では、それらの交流は、どのような形で本の中に現れているのでしょうか。
この展覧会では、日本の歴史と文化の基層を成す海外との多彩な交流の姿を、さまざまな書物の中で辿ります。

DATA
会場静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)
会場URL

http://seikado.or.jp/guide/access.html

会期2019年6月22日(土)~8月4日(日)
休館日毎週月曜日(ただし7月15日は開館)、7月16日
開館時間午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
料金

一般1,000円(800円)、大高生700円(500円)、中学生以下無料
※障害者手帳提示の方および同伴者1名700円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金

問合先

静嘉堂文庫美術館
〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
03-5777-8600(ハローダイヤル) ※英語版も共通

主催

静嘉堂文庫美術館

ホームページ

http://www.seikado.or.jp

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ