アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

東京

ルーシー・リー展

会場:国立新美術館 企画展示室1E

会期:2010年4月28日(水)ー 6月21日(月)

「窯を開けるときはいつも驚きの連続」。
この言葉に象徴されるように、1995年93歳でこの世を去ったルーシー・リーの生涯は、つねに瑞々しい驚きと発見に満ちた陶芸制作に捧げられたものでした。
ウィーンの裕福なユダヤ人家庭に生まれたルーシーは、工業美術学校で轆轤(ろくろ) の面白さに魅了され、ほどなくその作品は国際的な展覧会で数々の賞を受賞し、高い評価を得ていきます。

しかし、迫りくる戦争の足音とともに亡命を余儀なくされ、1938年ロンドンに居を移すと、以後およそ半世紀にわたり同地で制作を続けました。 バーナード・リーチやウィリアム・ステート=マリーといった英国初期スタジオ・ポタリーの作家たちが作り上げていた、大陸とは異なる陶芸環境のなかでルーシーは当時の先鋭的な建築やデザインの思潮とも響き合う独自の様式を確立していきます。轆轤(ろくろ) から生み出されるかたちに色彩と装飾が一体となり、静かでありながらも強い存在感をもつその作品は、 ルーシーが制作のなかで見いだした発見と喜びを鮮やかに伝えています。

本展では、20世紀を代表する陶芸家、ルーシー・リーの創作の軌跡を、国内外の優れたコレクションより選りすぐった約250点でたどります。近年英国の研究機関に寄贈された豊富な関係資料をふまえた没後初の本格的な回顧展となります。

記念講演会のご案内
※すべて聴講無料。ただし本展の観覧券(半券可)が必要です。
※定員になり次第受付を終了します。
会 場:国立新美術館3階講堂
定 員:各回先着250名
4月29日(木・祝) 14:00−15:30
「ルーシー・リーの思い出」 ※対談形式、遂次通訳付
アニータ・ベッソン氏(ロンドン、ギャラリー・ベッソン代表)、金子賢治(東京国立近代美術館工芸課長)
5月16日(日) 14:00−15:30
「工芸とモダンデザイン:ルーシー・リーの時代」
金子賢治(東京国立近代美術館工芸課長)
5月30日(日) 14:00−15:30
「ルーシー・リーの制作技法について」
小山耕一氏(陶芸家)

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。
締め切りは2010年4月9日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場国立新美術館 企画展示室1E
会場URL

http://www.nact.jp/information/access.html

会期2010年4月28日(水)ー 6月21日(月)
開館時間10:00-18:00 (毎週金曜日は20時まで)※入館は閉館の30分前まで
料金

当日:一般 1,500円、大学生 1,100円、高校生 700円
前売:一般 1,300円、大学生 900円、高校生 500円
団体:一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円
※チケット取り扱い:電子チケットぴあ(Pコード:688-998)、ローソンチケット(Lコード:33810)、CNプレイガイド、イープラス、JTB、セブン−イレブンほか
※団体券は20名以上(国立新美術館でのみ発売)
※中学生以下無料
※障害者とその介護者1名は無料。入館の際に障害者手帳をご提示ください。
※5月3日(月・祝)、4日(火・祝)、5日(水・祝)は高校生無料観覧日。学生証をご提示ください。

問合先

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催

国立新美術館、東京国立近代美術館、日本経済新聞社

ホームページ

展覧会ホームページ
http://www.lucie-rie.jp/

国立新美術館ホームページ
http://www.nact.jp/

カテゴリー:東京

タグ:

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ