アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東京 > 「モネとジヴェルニーの画家たち」

美術館展覧会

東京

「モネとジヴェルニーの画家たち」

会場:Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷区道玄坂)

会期:2010年12月7日(火)-2011年2月17日(木)

印象派の画家クロード・モネは、1883年、42歳の頃より、パリから約80キロほど北西に位置するセーヌ川沿いの小村ジヴェルニーに住み、近隣の風景を描いて名声を得てゆきました。当時のジヴェルニーは、300人ほどが暮らす典型的なフランスの農村でしたが、セーヌ川とその流れが生み出した丘陵とが四季それぞれに穏やかな光景を展開させていました。この村はもちろんモネが描いた睡蓮、積みわら、ポプラ並木などの作品によって世界に広く知られることとなったのですが、モネの友人であるボナールのみならず、1915年頃までには、日本の児島虎次郎をはじめ、19カ国を超す、300人以上もの芸術家がここを訪れています。

格別、印象派の作品を早くから受け入れていたアメリカの画家たちは訪問者の70%をしめていたばかりか、ここに住んで制作した画家の数も多いときには50人を超すほどで、ここはさながらアーティストのコロニーの観を呈していたのです。アーティストの共同体には夢があります。それは、互いに分かち合える共通の価値をそこから汲み上げながら、この普遍性のなかに各自の個性を確立するという芸術の理想の夢なのです。

今回の展覧会では、モネの作品を初め、彼の義理の娘ブランシュの作品、そしてこの芸術家村で制作したことでアメリカの印象派を形成するにいたる多くのアメリカ人画家の作品に焦点をあてつつ、ひとつの理想郷ではぐくまれた、風景と人々の生活の姿をテラ・アメリカ美術基金の全面的な協力のもと、約75点で示します。

チケットプレゼント
※ホルベイン アーチストナビでは、上記展覧会のチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
ご応募は《チケット応募フォーム》よりご応募ください。
締め切りは2010年12月17日(金)まで。
なお、当選発表はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

DATA
会場Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷区道玄坂)
会場URL

http://www.bunkamura.co.jp/access/index.html

会期2010年12月7日(火)-2011年2月17日(木)
休館日1月1日のみ休館
開館時間10時―19時 毎週金・土曜日は21時まで(12月31日を除く)※入館は各閉館の30分前まで
料金

当日:一般1,400円 /大学・高校生1,000円 /中学・小学生700円
前売・団体:一般1,200円 /大学・高校生800円 /中学・小学生500円
■前売券:9月4日(土)- 12月6日(月) ■当日券:12月7日(火)- 2011年2月17日(木)
■団体は20様以上。要電話予約。(申込み先:Tel . 03-3477-9413)
■学生券をお求めの際は、学生証のご提示をお願いいたします。※小学生は除く。
■障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。

問合先

03-3477-9413(Bunkamuraザ・ミュージアム)

主催

Bunkamura、毎日新聞社

ホームページ

展覧会特設WEBサイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/10_monet/index.html

Bunkamuraザ・ミュージアムWEBサイト
http://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html

カテゴリー:東京

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ