アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東海・北陸 > とめどないエネルギー:ガラスをめぐる探究と表現

美術館展覧会

東海・北陸

とめどないエネルギー:ガラスをめぐる探究と表現

会場:富山市ガラス美術館 展示室1-3 (2・3F)

会期:2017年11月23日(木・祝)~2018年2月4日(日)

生田丹代子《揺-40》1991年 富山市ガラス美術館蔵 撮影:斎城卓

生田丹代子《揺-40》1991年 富山市ガラス美術館蔵 撮影:斎城卓

ガラスを表現の素材として用いる動きは、日本においては1920年代より見られ始めます。この動きは戦後から70年代にかけて、次第に拡大していきました。作家達は模索を繰り返しながらガラスを扱う方法を探究し、制作環境を整えていきました。可能性を探りながら未知なる領域を切り開き、自身の表現を追求することへの好奇心や熱気は、多様な作品が絶えず生み出されている現在の状況へと繋がっていきます。、
この展覧会で紹介される12名の作家は、変化し続ける社会状況や自身を取り巻く環境に向き合いながら、様々な視点からガラスという素材を捉え、作品を制作しています。彼らは制作行為の中で、素材と自身の感情、感覚、信念を重ね合わせ、かたちを作り上げています。「作ること」に対する終わりのない探究の中で生み出された作品は、新鮮さと力強いエネルギーに満ちています。こうした作品との出会いは、現在を生きることへのエネルギーや、想像を限りなく広げることの喜びを私たちの内に呼び起こします。

DATA
会場富山市ガラス美術館 展示室1-3 (2・3F)
会場URL

http://toyama-glass-art-museum.jp/visitor/#about_access

会期2017年11月23日(木・祝)~2018年2月4日(日)
休館日第1第3水曜日、年末年始 (12月29日~1月3日)、1月10日(水)
開館時間午前9時30分~午後6時(金・土曜日は午後8時まで。入場は閉館の30分前まで)
料金

一般:700円(前売、団体500円)、大学生:500円(団体300円)、小中高生未就学児:無料
※本展の観覧券で常設展(4階コレクション展、6階グラス・アート・ガーデン)もご覧いただけます。

問合先

富山市ガラス美術館
〒930-0062 富山県富山市西町5−1
TEL:076-461-3100

主催

富山市ガラス美術館

ホームページ

http://toyama-glass-art-museum.jp/

カテゴリー:東海・北陸

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ