アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東海・北陸 > 北陸のガラス作家たち:多様化するガラス造形

美術館展覧会

東海・北陸

北陸のガラス作家たち:多様化するガラス造形

会場:富山市ガラス美術館 展示室 1・2(2階)

会期:2018年2月17日(土)~ 3月25日(日)

市川篤《月影の軌道》2016年 作家蔵 撮影者:市川篤

市川篤《月影の軌道》2016年 作家蔵 撮影者:市川篤

佐野曜子《織の大鉢》2015年 作家蔵 撮影者:佐野猛

佐野曜子《織の大鉢》2015年 作家蔵 撮影者:佐野猛

この展覧会では、富山、石川、福井の北陸3県で学び育ち、この地域を中心に活躍する12名のガラス作家たちを紹介いたします。
北陸は伝統工芸やモノづくりの風土が息づく地域でありますが、現代ガラスを含む新しい造形分野にも目を向け、人材育成をはかり、新たな取り組みを試みている地でもあります。 これは1980年代から今日に至るまで、ガラス関連施設として、制作工房や教育施設、美術館などが次々に整備され、国内外から多くのガラス作家たちが集まってきたことによるものです。
この展覧会で紹介する作家たちも、この地で多くの出会いや修練を経て感性を培い、ガラスという素材が持つ様々な可能性を追求してきました。
彼らは常温で石のように固まっているガラスの量塊性(りょうかいせい)と熔けたガラスの流動性を対比させたり、古くから用いられてきたガラスの技術を新しい発想の下に組み替えたりして、斬新な表現を成し遂げています。また、ガラスに様々な物質を溶かし込んで物質が変化するプロセスを表現することや、自然現象が生み出す色彩を再現しようと試みることもあります。
あくなき探求心から生まれた北陸の作家たちの、独創的で多様な造形表現の成果をお楽しみください。

DATA
会場富山市ガラス美術館 展示室 1・2(2階)
会場URL

http://toyama-glass-art-museum.jp/visitor/#about_access

会期2018年2月17日(土)~ 3月25日(日)
休館日2月21日(水)、3月7日(水)、3月22日(木)
開館時間午前9時30分~午後6時 ※初日のみ午後1時から開場 (金・土曜日は午後8時まで。入場は閉場の30分前まで)
料金

一般500円(300円)、大学生300円(200円)
※( )内は20名以上の団体
※高校生以下は無料
※本展観覧券で常設展もご覧いただけます。

問合先

富山市ガラス美術館
〒930-0062 富山県富山市西町 5-1
TEL:076-461-3100 FAX:076-461-3310

主催

富山市ガラス美術館

ホームページ

http://toyama-glass-art-museum.jp/

カテゴリー:東海・北陸

類似した記事:

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ