アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ
アートニュースリリース トップ > 美術館展覧会 > 東海・北陸 > アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

美術館展覧会

東海・北陸

アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

会場:金沢21世紀美術館 展示室7-12、14

会期:2018年4月28日(土) ~2018年8月19日(日)

《私たちが過大評価されているのは、あなたたちが私たちのことを全く理解していないから 01》 2015 油彩、カンヴァス / 170x300 個人蔵 © Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

《私たちが過大評価されているのは、あなたたちが私たちのことを全く理解していないから 01》 2015 油彩、カンヴァス / 170x300 個人蔵 © Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

《フリージング 01》 2017- 2018 油彩、カンヴァス / 170x200 作家蔵 © Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

《フリージング 01》 2017- 2018 油彩、カンヴァス / 170x200 作家蔵 © Ay Tjoe Christine, courtesy of Ota Fine Arts

アイ・チョー・クリスティン(Ay Tjoe Christine, 1973-)はインドネシアの西ジャワ州バンドン出身の、インドネシアで活躍している現代アーティストです。彼女はドライポイントなどの凹版印刷の技術を習得した後、テキスタイルデザイナーとしてキャリアを積み、2000年頃からアーティストとしての活動を本格的にスタートさせました。
キリスト教の説話や精神的主題に基づいて表現を行うアイ・チョーの作品は、人間の不完全性や二面性についての深い洞察に裏付けられています。とりわけ絵画における飛び散るような色彩の断片は自身の揺れ動く感情の在りようを示す一方、カンヴァスの余白との魅力的な調和をみせる抽象化されたイメージには、万物と人間との関係性を探求するアイ・チョーの真摯な姿勢が現れているようです。
アイ・チョーの日本の美術館での初個展となるこの展覧会では、活動初期のドライポイントやドローイング、具象から抽象の間で表現の可能性を探求してきた油彩画群、ソフトスカルプチャーや大規模なインスタレーション、さらに同展のために制作された新作の大型絵画など、約50点の作品を通して、およそ20年にわたる多角的な創作活動の成果をご紹介しています。

DATA
会場金沢21世紀美術館 展示室7-12、14
会場URL

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=7

会期2018年4月28日(土) ~2018年8月19日(日)
休館日月曜日(ただし7月16日、8月13日は開場)、7月17日(火)
開館時間10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
料金

一般1,000円(800円)、大学生800円(600円)、小中高生400円(300円)、65歳以上の方800円
※( )内は20名以上の団体料金

問合先

金沢21世紀美術館
〒920-8509石川県金沢市広坂1-2-1
TEL:076-220-2800 (代表) FAX:076-220-2802

主催

金沢21世紀美術館 [公益財団法人金沢芸術創造財団]

ホームページ

https://www.kanazawa21.jp/

カテゴリー:東海・北陸

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ