アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

東海・北陸

琉球の美

会場:岡崎市美術博物館(愛知県岡崎市)

会期:2019年6月1日(土)~7月15日(月・祝)

琉球の美 琉球の美

東シナ海に位置する琉球は国際交易の拠点として栄え、海を介してもたらされる異文化を取り込みながら、独自の文化を醸成していきました。そうした国際性や文化交流は、琉球で発展を遂げた工芸品にも大きな影響を与えました。この展覧会では、「国宝 琉球国王尚家関係資料」をはじめ、沖縄県内の美術館・博物館が所蔵する琉球漆器の優品と、日本有数のコレクションを誇る松坂屋の紅型(びんがた)衣裳をとおして、琉球の自然と歴史の中で生み出された美と文化の粋を紹介します。
琉球漆器や琉球特有の染色品である紅型は、文様や技法に中国・日本などの影響が明確に見てとれます。また琉球王国内の状況や国際情勢に応じて、様式の変化が見られます。しかしどの琉球漆器や紅型を見ても、日本とも中国とも、そして東南アジアとも違う、琉球ならではの美の表現がなされており、もっと言えば現在の私たちが抱く「琉球・沖縄」のイメージにも通じる、華やかで彩りに満ちた美を示しています。これらの工芸品は、琉球王国内はもとより、交易品や献上品として国外に輸出され、諸国で珍重されました。工芸品によって国を彩り、国を富ませていた琉球王国の美を、その色とかたちから見ていきます。
またこの展覧会では、岡崎市美術博物館所蔵の志賀コレクションの中から、首里城に掲げられていた扁額をあわせて紹介します。これは岡崎出身の地理学者である志賀重昻が沖縄から持ち帰ったもので、太平洋戦争の戦禍のために灰塵に帰してしまった首里城の歴史を現在に伝える貴重な資料です。
同展をとおして、彩りに満ちた琉球王国の文化と歴史をご堪能いただけたら幸いです。

DATA
会場岡崎市美術博物館(愛知県岡崎市)
会場URL

http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/guidance/p014324.html

会期2019年6月1日(土)~7月15日(月・祝)
休館日毎週月曜日(ただし7月15日は開館)
開館時間午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金

一般[高校生以上]1000円(900円)/小中学生500円(450円)
※( )内は20名以上の団体料金
※未就学児は無料
※岡崎市内の小中学生は無料(わくわくカードまたは学生証を提示)
※各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者1名は無料
※展覧会限定フリーパスLimi-pass(リミパス)は1500円で販売

問合先

岡崎市美術博物館
〒444-0002 愛知県岡崎市高隆寺町峠1番地
TEL:0564-28-5000  FAX:0564-28-5005

主催

岡崎市美術博物館、中日新聞社

ホームページ

http://www.city.okazaki.lg.jp/museum/

カテゴリー:東海・北陸

  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュース内容についてのご質問にはお答えできません。
  • ニュースによっては、募集や勧誘、購入誘導等を含みますが、ホルベイン・アーチストナビはそれらの対象物につき保証・推奨等するものではありません。応募・参加・購入等は各人の判断と責任において行ってください。
  • ホルベイン・アーチストナビは、掲載のニュースにより生ずるいかなる損害にも一切責任を負いません。
  • 掲載の文章・画像等掲載情報は、各掲載依頼者より提供いただいています。各依頼者の了解なく転写、複写等することは禁じられています。

↑ページトップへ