アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

タグ » 展覧会

美術 東京都美術館「第4回 都美セレクション グループ展」公募中!

主催東京都美術館

応募締切平成26年7月22日(火)(当日消印有効)

「都美セレクション グループ展」は、当館の特徴の一つである「公募」をキーワードに、当館の展示空間だからこそ実現可能な、新しい表現に挑むグループの展覧会を公募し、開催するものです。展覧会会場として提供するのは「ギャラリーA、B、C」。エントランスホールから見下ろせる吹き抜けのギャラリーA、シンプルな展示空間のギャラリーB、天井の高低差により展示の変化をつけることができるギャラリーC。これらのギャラリーの特徴を生かした、従来の発想にとらわれないグループ展企画案のご応募をお待ちしています。

タグ: 2014/05/30

ギャラリー ー出版記念展ー長岡美和子展・墨象の世界

【展覧会期間】2014年6月3日(火)~8日(日)【展覧会時間】11:00~20:00(最終日17:00迄)【展覧会概要】2004年から現在までに制作された作品が『長岡美和子作品集2005-2014』として出版される特別記念出版展を個展として開催いたします。文学の世界から「書」作品の文字を選び「墨象の世界」を「書」作品と同時に絵画作品(日本画)も会場にてご鑑賞いただけます。皆様のお越し心よりお待ち申し上げております。

発信者:HFGギャラリー タグ: 2014/05/30

近畿 ノスタルジー&ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉

主催

国立国際美術館

【チケットプレゼントあり】現代アートの重要な創作源である「ノスタルジー」と「ファンタジー」をテーマに活動する日本の現代美術家10組の創作活動を紹介する展覧会『ノスタルジー&ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉』展が、国立国際美術館にて5月27日(火)〜9月15日(月・祝)まで開催されます。故郷を離れている人が故郷を懐かしみ、古き良き時代を思い返す心情「ノスタルジー(郷愁)」。私たち現代を生きる多くの人々に共有されながら、しばしば頭の中で違った情景へと変換され、現実と非現実が交錯する空想の世界が創りあげられます。私たちはこの空想世界を「ファンタジー」と呼び、郷愁と現実が混じった架空の世界観の中で芸術作品の多くが生み出されています。

美術 第3回Artist Group-風-公募展

主催Artist Group-風- (

応募締切2014年8月31日(日)~9月6日(土)必着!

作家の中島千波、中野嘉之、畠中光享の3人が立ち上げた大作公募展の第3回展です。45歳までの若手作家と共に少人数で本物のアーティストの輩出を目指し、1人壁面7mを使用して大作を発表する公募展です。
[会期]2014年10月21日(火)~28日(火)
[会場] 東京都美術館 ギャラリーB
[応募締切]2014年8月31日(日)~9月6日(土)必着!

タグ: 2014/05/20

美術 米坂ヒデノリとふるさとのこどもたち展

主催アートスタジオBENIO・釧路市民文化振興財団

応募締切2014年6月30日(必着)

彫刻家米坂ヒデノリの傘寿を記念し北海道内の幼児(5歳以上)から中学生までを対象とした絵画・立体造形の作品を公募いたします。作品はすべて展示します。会期:2014年7月17日〜20日、会場:釧路市民文化会館展示ホール、テーマ・素材は自由、絵画:B3サイズ迄、立体:30×30×30㎝以内、賞:米坂ヒデノリ賞、作品受付:7月1日〜5日、応募締切は2014年6月30日(必着)。

タグ: 2014/05/20

ギャラリー Gallery PARC:「アクロス ザ ユニバース:菅かおる展」のお知らせ

ギャラリー・パルクでは、2014年5月20日[火]から6月1日[日]まで、日本画家・菅かおるによる個展「 アクロス ザ ユニバース 」を開催いたします。菅かおる(かん・かおる/1976年・大分生まれ)は、2000年に京都造形芸術大学日本画コースを卒業、2004年〜2005年8月に京都造形芸術大学国際藝術研究センターフェロープログラム研究員を経て、以降もおもに「水」をモチーフに伝統的な日本画の技法を用いながら作品制作を続けています。本展で菅かおるは襖サイズのパネルに描いた日本画を「16曲の屏風」に見立て、ギャラリー・パルクの会場内を横断させます。会場を大胆に横切るその「屏風」は全長14メートルを超え、表裏32もの画面を持つもので、複数の画面に一連のイメージが連なり、時に異なるイメージが隣り合い、画面ごとに様々な関係性をつくり出すもので、それは「屏風」のカタチを纏った絵画のコンポジションであるといえます。また、光によって様々に表情を変化させる日本画・日本画材の魅力を最大限に活かし、会場内の場所や時間帯による外光の影響を取り込んで配置される作品は、空間と密接に関わりあったひとつのインスタレーションとも呼べます。

発信者:Gallery PARC タグ: 2014/05/20

イベント 絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち(2014佐世保)

三菱電機ビルテクノサービスでは、2014年5月30日(金)から6月1日(日)までの3日間、長崎県佐世保市の「佐世保玉屋」7階文化ホールにて「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」を開催します。病気や事故で身体の自由を失いながらも、鍛錬により高い技術力を身につけた世界各国の画家たちが、ハンディを乗り越えて口や足で描いた絵画50点を展示します。緻密で繊細な作品や、力強く雄大な作品、個性的で明るい作品など様々ですが、すべて描く喜びや生きる力などが伝わり、その豊かな感性と表現力にはきっと目を見張ることでしょう。

発信者:三菱電機ビルテクノサービス株式会社 タグ: 2014/05/20

美術館 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵作品による猪熊弦一郎展 どんなことをしても僕なんだ

猪熊弦一郎(1902−1993)は、東京美術学校(現 東京藝術大学)で藤島武二のもとで学び、早くから帝展で入選を重ね、特選も2度受けました。猪熊の作品は、一人の画家によるとは思えないほど時期により大きく異なって見えますが、その根底には一貫して「絵として美しいこと」を描き出すための追求がありました。おもしろいもの、美しいことを追求し、多彩な作品を残した猪熊弦一郎。激動の時代に自分を表現し続けた画家の変遷をたどります。広島、東京、岐阜の3会場を巡回。

発信者:第15回共同巡回展実行委員会事務局 タグ: 2014/05/20

美術館 『étranger エトランゼ-異国の人々』日本画展

郷さくら美術館東京では2014年5月16日(金)~7月13日(日)まで「エトランゼ-異国の人々」展を開催いたします。今展では、画家達が旅先で出会った、異国に生きる人々を描いた日本画作品30点を出品致します。世界各地を旅してきた画家たちは、異国を感じながらそこで暮らす人々との出会いを表現してきました。描かれた人々が紡ぎだす、それぞれの物語を思い浮かべて楽しんでみては。併設で、満開の「桜」を堪能できる「桜の饗宴」展を開催致します。

発信者:郷さくら美術館東京 タグ: 2014/05/14