アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

タグ » 東京

イベント わらべうたあそび

声を出して歌ったり、体を動かしたりしながら、親子で楽しく参加できます。
 ●日時:2014/9/6(土)11:00~11:40
 ●講師:服部雅子(西東京市もぐらの会代表、はとさん文庫主 宰)
 ●対象:0~2歳までの乳幼児と保護者
 ●定員:15組30名
 ●参加費:無料(入館料別)
 ●要申し込み 8/6(水)受付開始

*イベントの詳細は、ちひろ美術館HP(http://www.chihiro.jp/)でご案内します。

発信者:ちひろ美術館・東京 タグ: 2014/07/23

イベント 針金造形ワークショップ「特大クワガタをつくろう」

アゴが動く全長30センチのクワガタです。
●日時:2014/8/17(日)14:00~16:30
●参加費:2200 円(入館料別)
●講師:橋寛憲(造形作家)
●対象:小学生~大人
●定員:親子15 組30 名(大人のみの申し込みも可)
*要申し込み 7/17(木)受付開始

発信者:ちひろ美術館・東京 タグ: 2014/07/15

イベント 針金造形ワークショップ「ころころオブジェをつくろう」

段ボールに針金のレールをつけてビー玉を転がすおもちゃです。
●日時:2014/8/17(日)10:30~12:00
●参加費:1600円(入館料別)
●講師:橋寛憲(造形作家)
●対象:小学生~大人
●定員:親子15 組30 名(大人のみの申し込みも可)
*要申し込み 7/17(木)受付開始

発信者:ちひろ美術館・東京 タグ: 2014/07/15

ギャラリー CAGE ANDNANNY CAM

cage – おり; 監獄; ジョン・ケージ《1912‐92; 米国の作曲家》
nanny camera – 監視カメラ《子供部屋や留守宅の様子を監視するためのカメラ》

今回の展覧会では、情報が文脈として定着化することと、存在が情報になっているものたちに注目してみたいと思います。
見てくださる方が持っている情報の文脈が脱臼したりすると嬉しいです。

松尾 宇人

会期中イベント:ライブ
「指し示す指、その指そのものに注意してみる」

日時:8月8日(金)19:00 start
出演:biki、神田聡、川口貴大、松尾宇人

松尾 宇人 Ujin MATSUO

時間、空間、ものの現象を素材に作品を制作。武蔵野美術大学大学院空間演出デザインコース修了。1996 年にインスタレーション作品『ハッピィ・ハウス』を自宅に設置。
個展:TranqRoom(2001年)、prinz(2002年) 、3331 Arts Chiyoda(2012年)、マキイマサルファインアーツ(2013年)、アートスペース・ジューソー、20202(2014年)

発信者:マキイマサルファインアーツ タグ: 2014/07/15

美術館 鼎談 佐藤 卓 × 面出 薫 × 松本 猛 “ちひろとデザイン” を語る

グラフィックデザイナーの佐藤 卓と、ちひろ美術館の照明も手がけた照明デザイナー・面出 薫、ちひろの息子で当館の創設者である松本 猛の3人が、ちひろの絵とデザインとの関わりについて話します。
●日時:2014/8/30(土)17:30~19:00
●講師:佐藤 卓(グラフィックデザイナー・公益財団法人いわさきちひろ記念事業団理事)、面出 薫(照明デザイナー・ちひろ美術館・東京副館長)、松本 猛(絵本学会会長・ちひろ美術館常任顧問)

発信者:ちひろ美術館・東京 広報担当 タグ: 2014/07/15

美術館 はじめてみる、ちひろの世界。いわさきちひろ×佐藤 卓=展

「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」などの商品デザインや、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のアートディレクション、「デザインあ」の総合指導などで注目を集めるグラフィックデザイナー・佐藤 卓。佐藤 卓のデザインは、ものの本質を見極め、ものに物語を与え、ものと人とを結びつけます。2014年はいわさきちひろの没後40年。既成の概念にとらわれず、人に新たなものの見方を提示してきた佐藤 卓が、いわさきちひろの絵を今の人たち、特に子どもたちに届くよう展覧会をプロデュースします。展示会期 2014年8月6日(水)~11月3日(月・祝)|

発信者:ちひろ美術館・東京 広報担当 タグ: 2014/07/15

その他リリース 域密着型アートプロジェクトTERATOTERA アートプロジェクトの悩みを解決するトークショー 第1回ゲスト:藤浩志 「アートプロジェクトで789(なやむ)」を開催!

JR中央線の高円寺駅から国分寺駅周辺を舞台として、様々なアートイベントを開催するアートプロジェクトTERATOTERA(テラトテラ)は、この度、美術作家、そして十和田市現代美術館の館長でもある藤浩志氏をゲストに迎え、アートプロジェクトの悩みを解決するトークショー「アートプロジェクトで789(なやむ)」を2014年7月13日(日) 13:00〜15:00

【会場】井の頭恩賜公園 (西園と御殿山の間の林参加費無料) にて開催いたします。

第1回目のテーマは、「溢れるモノゴトシクミと情報の整理整頓と処分についてのなやみ(テクニック)」。ゲストは、「かえっこプロジェクト」や、不要になったおもちゃを集積させた立体作品など、市民を巻き込む作品で知られる藤浩志氏。

藤氏がアート活動でぶつかった困難や問題に対してどう向き合い、どう解決していったのかを、ホストであるTERATOTERA(テラトテラ)のチーフディレクター小川希が一つ一つ紐解いていきます。

発信者:TERATOTERA タグ: 2014/07/15

ギャラリー うつわ展「なにのむ?」

この季節、ギャラリー恒例のうつわのグループ展です。
11回目となる今回のタイトルは、「なにのむ?」。

2014年7月19日(土)~7月27日(日)※22日(火)休
12:00~19:00 金 ~20:00 最終日 ~17:00
July 19 Sat. -July 27 Sun., 2014
12:00-19:00 Fri. -20:00 The last day -17:00
*Closed on July 22 Tue.
マキイマサルファインアーツ
住所 : 〒111- 0053 東京都台東区浅草橋1-7-7

タグ: 2014/07/15

イベント 笹倉鉄平油彩画展~ヨーロッパの情景~

○開催日:2014年6月24日(火)~2014年7月6日(日)○開館時間:11時00分~19時00分○開催日時に関する特記事項※最終日は17:00閉館。○イベント会場名:セントラルミュージアム銀座。笹倉鉄平は“光の情景画家”と称され、その多彩な光の表現は、観る人の心に“希望の明かり”をともすと言われています。街灯りが川面に映る港町、茜色に染まる保存鉄道の始発駅、雨上がりの澄み渡る海岸通り・・・そんな心静まり元気になれる情景を描いた油彩原画約50点・および最新作「ウーズ河畔」を含む版画約100点が展示されます。作家来場サイン会は6月29日(日)・7月6日(日)14~15時。

発信者:笹倉鉄平ちいさな絵画館 タグ: 2014/07/02