アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

関東 駒井哲郎―煌(きら)めく紙上の宇宙チケットプレゼント

会場横浜美術館

会期2018年10月13日(土)~12月16日(日)


日本における現代銅版画の先駆者(パイオニア)である駒井哲郎(1920-1976)は、深淵な詩的世界が刻まれた版画により、国内外で高く評価されてきました。黒いインクと白い紙の豊かな表情のなかに立ち上がる、夢と狂気のあわ [...]

 2018/09/18

関東 息を呑む繊細美 切り絵アート展

会場しもだて美術館

会期2018年9月29日(土)~12月16日(日)

息を呑む繊細美 切り絵アート展


切り絵とは、 英語で“paper cutout art”といわれ、紙などを切って形造られた作品です。それぞの風土や歴史を背景として発展してきたこのアートは、国や地域によって作風や技法が異なり、日本の場合、神事の紙垂( [...]

 2018/09/14

関東 小倉遊亀展チケットプレゼント

会場平塚市美術館

会期2018年10月6日(土)~11月18日(日)

このたび平塚市美術館では「小倉遊亀展」が開催されます。小倉遊亀( おぐらゆき、1895-2000) は滋賀県大津市に生まれた女性作家です。大磯に住む安田靫彦に師事し、厳しい修養をもととし、アンリ・マティスなど近代絵画の影 [...]

 2018/09/14

関東 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

会場宇都宮美術館(栃木県宇都宮市)

会期2018年9月16日(日)~11月4日(日)

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

写真家・篠山紀信(1940-)は、1950年代後半からその活動をスタートさせ、現在に至るまで、時代のトップを走り続けています。
この展覧会は篠山紀信という稀有な写真家が、「写真」というメディアに内在する強力な「写真力」 [...]

 2018/09/12

関東 時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950sチケットプレゼント

会場群馬県立館林美術館 展示室2~4

会期2018年9月15日(土)~ 12月24日(月・振休)

時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s

板橋区立美術館は1979年の開館以来、「昭和の前衛美術」、とりわけ戦前に若い芸術家たちが集ったアトリエ村「池袋モンパルナス」に関する作品を中心に収集し、他に類を見ない優れたコレクションを形成してきました。同館の収蔵作品は [...]

 2018/09/05

関東 ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へチケットプレゼント

会場ポーラ美術館

会期2018年7月22日(日)~12月2日(日)

ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ

19世紀末から20世紀初頭にかけてフランスで活動した芸術家オディロン・ルドン(1840―1916)は、印象派の画家たちとほぼ同じ世代に生まれながらも、不気味な怪物たちが蠢く世界や、神秘的なヴィジョンに満ちた幻想的な場面を [...]

 2018/07/19

関東 夏のアート・コレクション(収蔵作品展)「明治150年記念 近代洋画の先駆者 浅井忠8 ―浅井忠と周辺作家たち―

会場千葉県立美術館 第3展示室

会期2018年7月14日(土)~9月24日(月・振休)

アート・コレクション(収蔵作品展)では、千葉県立美術館が所蔵する浅井忠の作品や資料を会期毎にテーマを設け紹介してきました。通算8期目となる今回のテーマは「浅井忠と周辺作家たち」です。浅井がフランスのグレー村を訪問していた [...]

 2018/07/02

関東 日本赤十字社所蔵美術展~いつまでも変わらない人道への想い~千葉県赤十字奉仕団創設70周年

会場千葉県立美術館 第1、2、8展示室

会期2018年7月14日(土)~9月24日(月・振休)

日本赤十字社所蔵美術展~いつまでも変わらない人道への想い~千葉県赤十字奉仕団創設70周年

日本赤十字社が所蔵する美術コレクションは、小磯良平、東郷青児、東山魁夷など、赤十字活動の理念である「人道」に共感した、日本美術を代表する作家たちの寄贈によるものです。
寄贈時期である昭和50年代の画壇を垣間見ることができ [...]

 2018/06/28

関東 萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたくチケットプレゼント

会場高崎市美術館

会期2018年7月14日(土)~9月9日(日)

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく

1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都(はぎお・もと)。大島弓子など同時期に人気を集めた漫画家らとともに「花の24年組」と呼ば [...]

 2018/06/21