アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

関東 「前衛下着道-鴨居羊子とその時代  岡本太郎・今東光・司馬遼太郎・具体美術協会」展

会場川崎市岡本太郎美術館(神奈川県川崎市)

会期2010 年4月17日(土)~ 7月4日(日)

「前衛下着道-鴨居羊子とその時代  岡本太郎・今東光・司馬遼太郎・具体美術協会」展 フライヤー

1950年代、大阪でジャーナリストから「下着屋・CoCoチュニック」に転身した鴨居羊子という女性がいました。鴨居は白いメリヤス下着しかなかった時代に、カラフルな色でナイロンの下着をデザインし、下着のショーや個展をすると [...]

 2010/04/13

関東 THE LIBRARY ASHIKAGA

会場足利市立美術館(栃木県足利市)

会期2010年4月10日(土)~6月13日(日)

「THE LIBRARY ASHIKAGA」

私たちは、幼い頃から無数の本を手にして育ち、知識や楽しみを享受してきました。その中では、本が語るさまざまな物事に加えて、装丁や手触り、ページをめくった感覚などが記憶に残り、一冊ずつにまつわるそうした無数の体験をもとにし [...]

 2010/04/13

関東 嶋田喜昭展

会場METAL ART MUSEUM HIKARINOTANI(メタルアートミュージアム光の谷)

会期2010年4月24日(土)-5月23日(日)

嶋田喜昭 作  タイトル:d.d.d.   素材:ブロンズ
作家名
嶋田喜昭 (シマダ ヨシアキ)
作家紹介
その“熱”が好きです。ブロンズを溶かして制作しています。
制作意図
ここのミュ-ジアムに初めてきた時、なかな [...]

 2010/03/05

関東 ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡 (横浜展)チケットプレゼント

会場横浜美術館

会期2010年3月20日(土)- 6月13日(日)

左:《ボスコレアーレ、ピサネッラ荘の高温浴室》(部分) オリジナル部分:大理石製浴槽、鉛製水槽、鉛製給湯槽、鉛製管、青銅製筒状釜、青銅製蛇口 ナポリ国立考古学博物館蔵 NAKAMURA Yutaka
右:《アキレスと [...]

 2010/03/04

関東 川端康成コレクション展-文豪が愛した美の世界-チケットプレゼント

会場茨城県近代美術館

会期平成22年4月10日~6月6日

左:古賀春江「煙火」昭和2年(1927年) 財団法人川端康成記念會
右:浦上玉堂「凍雲篩雪図」(国宝) 19世紀初 財団法人川端康成記念會
ノーベル賞作家,川端康成の蒐集した,国宝を含む美術品コレクションを紹介。
日 [...]

 2010/03/02

関東 企画展 「第13回 岡本太郎現代芸術賞」展

会場川崎市岡本太郎美術館

会期2010年2月6日(土)~4月4日(日)

企画展 「第13回 岡本太郎現代芸術賞」展

岡本太郎の精神を継承し、旧来の慣習や規範にとらわれず、自由な視点と発想で創作活動を行う作家による、優れた作品のために創設された岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)。第13回を迎える今回は758 点の応募があり、厳正な審査を [...]

タグ: 2010/02/23

関東 原一雄コレクション 魂の印象派 木村忠太の世界

会場高崎市美術館

会期2010年2月28日(日)~2010年4月17日(土)

高崎市美術館では、このほど「木村忠太の世界展」を開催いたします。木村忠太(1917-1987)は、1917(大正6)年、現在の高松市に生まれました。1948年、31歳で独立美術協会会員になるなど、その画才は早くから注目を集めましたが、やがて日本で油彩を制作する限界を自覚し、絵画の本質を見極める志を立て、夫人と共に1953年よりパリに居住しました。以来34年間生涯ほとんど帰国することなく、フランスの自然を描き続けました。「中心の転位に5年間の暗黒時代を通った」と語る木村は、「外なる中心」である東洋のフォルムと、「内なる中心」である西洋のフォルムという二つの原理を統一することに解決を見いだし、1960年より独創的な画風を確立します。 みずからの画風を「魂の印象派」と呼んだ木村は光をテーマに制作しました。印象派は刻々と変化する光の一瞬をみつめ、描くことで絵画史上に画期をもたらしましたが、木村はこの光に着目しつつ、光と交感し揺れ動く自身の魂を、抽象を進めた色面と、デッサンによる線描に込めることで、独自の自然観を美しい絵画に昇華させました。 本展では昨年寄贈された故原一雄氏のコレクションを中心に、「魂の印象派」木村忠太の世界をご紹介します。

高崎市美術館では、このほど「木村忠太の世界展」を開催いたします。木村忠太(1917-1987)は、1917(大正6)年、現在の高松市に生まれました。1948年、31歳で独立美術協会会員になるなど、その画才は早くから注目 [...]

 2010/02/23

関東 カオスモス’09 作家はつぶやく

会場佐倉市立美術館 (2、3F展示室)

会期平成22年2月7日(日)~3月22日(月・祝)

カオスモス’09 作家はつぶやく

カオスモスとは、カオス(混沌)とコスモス(秩序)を合体させた造語です。本展では、極めて私的な表現を確立した5人の作家たちの作品(絵画、彫刻、アニメーションなど)約50点を展示します。そこにはまず、他人が普段気にも留めな [...]

関東 大原美術館名品展 モネ、マティスから濱田庄司まで

会場宇都宮美術館

会期2月14日[日]~4月4日[日]

大原美術館名品展 モネ、マティスから濱田庄司まで

岡山県倉敷市の近世の面影を今も残す一画、白壁と黒瓦、格子戸のつづく町並みの中に、ギリシア神殿を思わせる石造りの重厚な建物がそびえています。それが大原美術館です。
大原美術館は、倉敷の実業家、大原孫三郎と岡山県出身の画家 [...]

 2010/01/30