アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

近畿 展覧会「太陽の塔」チケットプレゼント

会場あべのハルカス美術館(大阪市)

会期2018年9月15日(土)~11月4日(日)

展覧会「太陽の塔」


1970(昭和45)年に日本万国博覧会のテーマ館の一部として岡本太郎(1911-1996)が作り上げた「太陽の塔」が、今年3月ついに息を吹き返しました。太郎が問いかけたものの根源とは?塔が内包するものとは?その構想段 [...]

 2018/09/14

近畿 生誕110年 東山魁夷展チケットプレゼント

会場京都国立近代美術館

会期2018年8月29日(水)~ 10月8日(月・祝)

生誕110年 東山魁夷展

東山魁夷は、清澄で深い情感をたたえた風景画により、戦後の日本画の世界に大きな足跡を残しました。自然と真摯に向き合い、思索を重ねながらつくりあげたその芸術世界は、日本人の自然観や心情までも反映した普遍性を有するものとして評 [...]

 2018/09/06

近畿 特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」

会場大阪市立東洋陶磁美術館

会期平成30年9月1日(土)~11月25日(日)

特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」

この展覧会では、東洋陶磁美術館が所蔵する高麗青磁を中心に国内所蔵の代表作も加えた約250件の作品により、高麗青磁の新たな魅力をご紹介します。
高麗青磁は高麗王朝(918-1392)の滅亡とともに姿を消し、人々にも忘れさ [...]

 2018/08/29

近畿 いま、又、吉田カツ展チケットプレゼント

会場何必館・京都現代美術館

会期 2018年9月8日(土)~10月14日(日)

いま、又、吉田カツ展

何必館・京都現代美術館では、「いま、又、吉田カツ展」が開催されます。
吉田カツは1939年、兵庫県篠山市に生まれ、大阪美術学校(現、大阪芸術大学)においてデザインを学び、1970年代よりフリーのイラストレータ誌や書籍の表 [...]

 2018/08/29

近畿 サム・フランシスの色彩 -夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクションチケットプレゼント

会場アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府乙訓郡)

会期2018年7月28日(土)~9月2日(日)

色彩は、古今東西の作家にとって着想の源でありつづけ、作家たちは、色彩の探求によって多種多様な表現の地平を切り拓いてきました。私たちは、色彩からその象徴性を連想し、意味を感じることもあれば、配色や形が生むリズムを楽しむこと [...]

 2018/07/20

近畿 2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展チケットプレゼント

会場西宮市大谷記念美術館(兵庫県西宮市)

会期2018年8月11日(土・祝)~9月24日(月・振替休日)

1964年から続く、世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」では毎年、絵本原画のコンクールが行われており、世界各地から多くのイラストレーターが作品を応募しています。5点1組のイラス [...]

 2018/07/19

近畿 プーシキン美術館展──旅するフランス風景画チケットプレゼント

会場国立国際美術館(大阪市北区)

会期2018年7月21日(土)~10月14日(日)

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に至るまで、描かれた [...]

 2018/06/28

近畿 修理完成記念特別展 「糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―」チケットプレゼント

会場奈良国立博物館 東新館・西新館

会期2018年7月14日(土)~8月26日(日)

修理完成記念特別展 「糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―」

日本では刺繡や綴織など「糸」で表された仏の像が数多く作られました。とりわけ、古代では大寺院の一堂の本尊とされる花形的存在でした。綴織當麻曼荼羅(国宝、奈良・當麻寺蔵)や刺繡釈迦如来説法図(国宝、奈良国立博物館蔵)は、その [...]

 2018/06/26

近畿 県美プレミアムⅡ 小企画 「美術の中のかたち―手で見る造形 触りがいのある犬―中ハシ克シゲ」チケットプレゼント

会場兵庫県立美術館 常設展示室4

会期2018年7月7日(土)~11月4日(日)

兵庫県立美術館では1989(平成元)年より、作品に手で触れて鑑賞できる「美術の中のかたち―手で見る造形」というシリーズ展を、ほぼ年一度のペースで開催しています。見えない人、見えにくい人にも美術鑑賞の機会を広げる目的で始ま [...]

 2018/06/25