アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

東海・北陸 熊谷守一 いのちを見つめて

会場静岡県立美術館 2階 第1~6展示室

会期2019年8月2日(金)~9月23日(月・祝)

熊谷守一 いのちを見つめて

熊谷守一(1880-1977)の人と画業を紹介する展覧会は、静岡県立美術館では初めての開催となります。 熊谷守一は、岐阜県恵那郡付知村(現在の中津川市付知町)に生まれ、子どもの頃から絵を描くことが好きでした。 東京美術学 [...]

 2019/07/11

東海・北陸 田嶋悦子 花咲きぬ

会場石川県能登島ガラス美術館

会期2019年7月13日(土)~9月29日(日)

田嶋悦子 花咲きぬ

80年代のアート・シーンを飾った新進の若手女性作家「超少女」の一人として注目された田嶋悦子は、南国を思わせる植物と増殖する女性身体のモチーフを組み合わせた、極彩色の釉薬が施された大規模な陶のインスタレーション作品を発表し [...]

 2019/07/08

東海・北陸 琉球の美

会場岡崎市美術博物館(愛知県岡崎市)

会期2019年6月1日(土)~7月15日(月・祝)

琉球の美

東シナ海に位置する琉球は国際交易の拠点として栄え、海を介してもたらされる異文化を取り込みながら、独自の文化を醸成していきました。そうした国際性や文化交流は、琉球で発展を遂げた工芸品にも大きな影響を与えました。この展覧 [...]

 2019/05/23

東海・北陸 MARTA KLONOWSKA Istota/マルタ・クロノフスカ 不思議ないきもの

会場富山市ガラス美術館 展示室3(3階)

会期2019年4月27日(土)~9月23日(月・祝)

MARTA KLONOWSKA Istota/マルタ・クロノフスカ 不思議ないきもの

ポーランドの作家、マルタ・クロノフスカ(1964-)の日本初の個展を開催します。クロノフスカは、写真技術が登場する以前の15世紀から18世紀に描かれたヨーロッパの名画からモチーフを選び、その中に登場する動物や靴に着目して [...]

 2019/05/20

東海・北陸 オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵
メアリー・エインズワース浮世絵コレクション―初期浮世絵から北斎・広重まで
チケットプレゼント

会場静岡市美術館

会期2019年6月8日(土)~7月28日(日)

オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵  メアリー・エインズワース浮世絵コレクション―初期浮世絵から北斎・広重まで

アメリカ・オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館には、メアリー・エインズワース(1867-1950)が約25年にわたり集めた1500点以上の浮世絵版画が所蔵されています。明治39年(1906)の来日を機に収集 [...]

タグ: 2019/05/20

東海・北陸 日本のガラス展

会場石川県能登島ガラス美術館

会期2019年4月6日(土)~7月7日(日)

日本のガラス展

日本ガラス工芸協会(JGAA)は、ガラスと人々との結びつきを深め、文化の発展向上に寄与することを目的に、ガラスによる創作活動に携わる人々によって設立された、日本で初めての団体です。1972年の協会創設以来3年毎に開催され [...]

 2019/05/16

東海・北陸 チェコ・デザイン 100年の旅チケットプレゼント

会場富山県美術館 2階展示室2, 3, 4

会期2019年6月1日(土)~7月28日(日)

チェコ・デザイン 100年の旅

富山県立美術館では、チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介する展覧会が開催されます。
この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの旗手として知 [...]

 2019/05/14

東海・北陸 古代アンデス文明展

会場静岡県立美術館

会期2019年5月18日(土)~7月15日(月・祝)

古代アンデス文明展

南米大陸、現在のペルーとボリビアを中心とした地域で、16世紀まで展開した、多種多様な文化を総称して、古代アンデス文明と呼びます。巨大な地上絵を残したナスカ文化(紀元前200年頃~後650年頃)や、壮観なマチュピチュを築き [...]

 2019/05/09

東海・北陸 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック -モダン・パリのエレガンス-

会場富山市ガラス美術館 展示室1・2(2F)

会期2019年4月27日(土)~ 9月23日(月・祝)

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック -モダン・パリのエレガンス-

19世紀末から20世紀初頭にかけ、フランスのガラス工芸は黄金期を迎えます。色彩豊かな自然のモチーフで19世紀末よりアール・ヌーヴォーのガラスを展開したナンシーのエミール・ガレ(1846-1904)。彼とは対照的に、ガラス [...]

 2019/04/26