アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

関東 春のアート・コレクション(収蔵作品展)

会場千葉県立美術館 第1・2・3・8展示室

会期2019年4月20日(土)~7月7日(日)

春のアート・コレクション(収蔵作品展)

◆富取風堂―洗練の素朴―
富取風堂(1892-1983年)は、主に院展で作品を発表しながら、評議員や監事を歴任した日本画家です。1924(大正13)年、市川市に移り住んだ作家は、千葉県美術会の創設に参加するなど千葉県の文 [...]

 2019/04/23

北海道・東北 横山華山

会場宮城県美術館

会期2019年4月20日(土)~6月23日(日)※会期中、展示替えがあります。

横山華山

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。伝統や形式を重んじる諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆使いで人気を博していました。
横山家が曾我蕭白と交流があったため、幼少 [...]

 2019/04/22

中国・四国 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシアチケットプレゼント

会場岡山県立美術館

会期2019年4月27日(土)~6月16日(日)

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

モスクワにある国立トレチャコフ美術館は、創設者パーヴェル・トレチャコフ(1832–1898)によってその基礎が築かれた約20万点のコレクションを有するロシア美術の殿堂です。なかでも19世紀後半から20世紀初頭にかけてロシ [...]

 2019/04/22

関東 空間に線を引く―彫刻とデッサン展チケットプレゼント

会場平塚市美術館

会期2019年4月20日(土)~6月9日(日)

空間に線を引く―彫刻とデッサン展

彫刻家は素材に働きかけ、何もない空間に作品を表します。彫刻を制作するにあたり、自身のイメージを定着させるためデッサンを描く場合があります。彼らが描いたデッサンは魅力に富んでおり、画家のデッサンにはない美しさがあります。こ [...]

 2019/04/19

東京 北斎のなりわい大図鑑

会場すみだ北斎美術館

会期2019年4月23日(火)~6月9日(日)

北斎のなりわい大図鑑

この展覧会では、北斎の新発見の肉筆画「蛤売り図(はまぐりうりず)」をはじめとした、北斎一門により江戸時代の生業(なりわい)が描き出された作品を展示します。
なりわいとは一般的に、生活をするための仕事を意味します。生活にむ [...]

 2019/04/19

中国・四国 奈義町現代美術館開館25周年 中西學展―渦流のふるまい―

会場奈義町現代美術館ギャラリー(岡山県勝田郡奈義町)

会期2019年4月27日(土)~6月16日(日)

奈義町現代美術館開館25周年 中西學展―渦流のふるまい―

1980年代に「関西ニュー・ウェイブ」の中でデピューして以来、生命へのエネルギーを感じさせる巨大な作品で注目を集めてきた中西學。近年は宇宙・天体の姿から根源的な形態を探求し、激しくも美しい造形作品を制作しています。
こ [...]

 2019/04/19

関東 志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―

会場茨城県近代美術館

会期2019年4月6日(土)~6月2日(日)

志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―

大正13年(1924)に滋賀県近江八幡市に生まれた志村ふくみは、戦後まだ作家として織の作品を作る人が少かった時代に染織の道を志し、今日に至るまでひたむきに創作活動を続けてきました。 平成2年(1990)には重要無形文化財 [...]

 2019/04/18

東海・北陸 脇田和と猪熊弦一郎

会場石川県立美術館 第7、第8、第9展示室

会期2019年4月20日(土)~6月9日(日)

脇田和と猪熊弦一郎

石川県立美術館は平成27年度に、一般財団法人脇田美術館より317点の脇田和作品の寄贈を受け、現在321点の作品を収蔵しています。平成3年に脇田和が軽井沢に美術館を建てる際に厳選し、基本作としたすべての作品と、それ以降の代 [...]

 2019/04/18

関東 生誕110周年 松本忠義・豊田一男2人展+AOKIT/3Dになった絵画世界/by青木世一

会場高崎市美術館・旧井上房一郎邸(美術館敷地内)

会期2019年4月14日(日)~6月23日(日)

生誕110周年 松本忠義・豊田一男2人展+AOKIT/3Dになった絵画世界/by青木世一

高崎市出身の松本忠義(まつもとただよし・1909-2008年)と、札幌に生まれ生涯の大半を高崎で過ごした豊田一男(とよだかずお・1909-1989年)は、本年、ともに生誕110周年を迎えます。後に戦後日本美術に大きな [...]

 2019/04/18