アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

近畿 神戸ビエンナーレ2009招待作家展 Link – しなやかな逸脱 / 兵庫県立美術館

会場兵庫県立美術館 ギャラリー、屋外スペース等

会期2009年10月3日(土)ー11月23日(月・祝)

神戸ビエンナーレ2009招待作家展 Link - しなやかな逸脱 / 兵庫県立美術館

現代アートの第一世代から期待の若手まで、12名によるグループ展を開催!
兵庫県立美術館では、神戸をはじめ、兵庫ゆかりの現代アーティスト12名によるグループ展を開催します。
第2回ビエンナーレの共通テーマ「わ wa」を踏 [...]

 2009/10/29

東海・北陸 美術を遊ぶ展

会場稲沢市荻須記念美術館

会期平成21年10月24日(土)から11月29日(日)

美術を遊ぶ展 稲沢市荻須記念美術館

稲沢市荻須記念美術館では、平成元年からこれまでに、「INAZAWA・現在・未来展」として現代の美術を紹介する展覧会を5回開催しました。その第1回目は地元で活躍する作家9人を紹介する展覧会でした。今回は「美術を遊ぶ展」と [...]

 2009/10/28

東京 武蔵野美術大学80周年記念展 ドローイング―思考する手のちから―

会場武蔵野美術大学 2号館gFAL、FAL

会期2009年10月31日(土)~12月12日(土)

武蔵野美術大学80周年記念展 ドローイング―思考する手のちから―

開催趣旨
武蔵野美術大学は2009年に創立80周年を迎えます。武蔵野美術大学美術資料図書館では、その記念展として、1)「絵の力 ―絵の具の魔術―」2)「ドローイング ―思考する手の力―」3)「権鎮圭彫刻展」10月19日 [...]

 2009/10/28

中国・四国 高梁市発足5周年記念展 近代日本美術の精華 東京富士美術館所蔵~大観から、清方、松園、玉堂まで

会場高梁市成羽美術館

会期10月10日(土)~11月29日(日)

高梁市発足5周年記念展 近代日本美術の精華 東京富士美術館所蔵~大観から、清方、松園、玉堂まで

このたび、東京富士美術館のご協力により、高梁市発足5周年を記念する特別展として、『近代日本美術の精華』を開催いたします。
東京富士美術館は、1983年の開館以来、作品の収集、公開を積極的に行っており、コレクションは、日 [...]

 2009/10/26

東京 DOMANI・明日展2009

会場国立新美術館 企画展示室2E

会期2009年12月12日(土)~2010年1月24日(日)

「DOMANI・明日展」は、文化庁の在外研修制度(新進芸術家海外研修制度)により、海外派遣された若手芸術家の成果発表の場として1998年より毎年開催され、今年で12回を数えることになりました。昨年より、会場を国立新美術館 [...]

 2009/10/15

中国・四国 出光美術館所蔵 桃山・江戸の美 -百花繚乱の近世美術-

会場島根県立美術館

会期2009年10月1日(木)~11月9日(月)

狩野元信・狩野光信・岩佐又兵衛・俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一・喜多川歌麿・葛飾北斎・歌川広重・与謝蕪村・浦上玉堂・田能村竹田・仙厓…名だたる近世作家、一堂に会す!

信長、秀吉による天下統一が実現した桃山時代は、日本美術 [...]

 2009/10/08

近畿 生誕120年 小野竹喬展チケットプレゼント

会場大阪市立美術館

会期2009年11月3日(火・祝)~12月20日(日)

ono

小野竹喬の風景画は、明るく清澄な画面に、光の変化や季節のかすかなうつろいまでもが表わされています。そして一年のうちのある季節、一日のうちのある時間という一端を描きながら、その作品は、自然が絶えず変化し、めぐるという普遍へ [...]

 2009/10/08

東海・北陸 美濃の岸田劉生「加藤延三とやきもの」

会場財団法人 岐阜県陶磁資料館 企画展示室

会期2009年10月6日(火)~12月23日(水)

 美濃の岸田劉生「加藤延三とやきもの」

明治24年に土岐市駄知町で生まれた加藤延三は、「美濃の岸田劉生」といわれています。同時期に近代日本を代表する洋画家として岸田劉生がおり、その劉生は『劉生日記』を書き残しています。日記の中で「今日は岐阜から加藤延三君が来て [...]

 2009/10/08

関東 眼をとじて-“見ること”の現在

会場茨城県近代美術館

会期2009年10月31日(土)~12月13日(日)

これは「見ること」を問い直す展覧会です。
私たちの眼は、日ごろ、見えるものにとらわれ過ぎてはいないでしょうか。見えないもの、見ることができないものがあることを意識して見るとき、視覚体験は 見るものをこえて豊かに開かれてい [...]

 2009/10/08