アーチストナビ トップ >当サイトについて >リンク登録 >アーチストナビサイトマップ

美術館展覧会

チケットプレゼント マークのある美術館展覧会のチケットを抽選でプレゼントしております。→チケットプレゼントページへ

近畿 「横尾忠則全ポスター」展

会場国立国際美術館(大阪市北区)

会期2010年7月13日(火)ー9月12日(日)

横尾忠則全ポスター 展 フライヤー

横尾忠則は、1936年兵庫県西宮市に生まれました。幼少の頃から絵画の模写に興味を持ち、高校時代には、地元の商店街や商工会議所のポスターを制作するなど、早くから美術やデザインに対する才能を開花させます。
1960年、日本デ [...]

 2010/06/09

中国・四国 HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン

会場広島市現代美術館

会期2010 年5月22日(土)~7月19日(月・祝)

都築響一は、現代美術、建築、デザインに加え、生活や文化に関わる広範な分野を対象とした執筆活動、書籍編集を続けてきました。フリーランス編集者として 『ポパイ』『ブルータス』誌で活動したのち、1993 年には東京の生活感あ [...]

 2010/06/04

近畿 美術遊歩Part1「京都芸大で学んだ若き日の芸術家達」

会場京都芸術センター ギャラリー北・南

会期2010年6月15日(火)~7月11日(日)

京都市立芸術大学(京都芸大)の創立130年を記念して、ゆかりの資料・作品を展示します。
長い歴史の中で多くの芸術家達を輩出すると共に、京都の文化や芸術に寄与してきた創造活動の一端をお楽しみください。

京都市立芸術大 [...]

 2010/06/04

東海・北陸 加藤土師萌/小川待子×田嶋悦子/辻清明 展覧会

会場岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ

会期2010年4月3日(土)~9月5日(日)

「加藤土師萌―最期の大作」展
KATO Hajime―the Last Masterpiece
色絵磁器で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された加藤土師萌が、宮内庁の依頼によって新宮殿に奉納した幻の大作「萌葱金襴 [...]

 2010/06/04

東海・北陸 黒川紀章没後3年 光と魂のシンフォニー 浦野資勞展

会場山ノ内町立志賀高原ロマン美術館 2F

会期2010(平成22)年4月17日(土)~6月27日(日)

黒川紀章の建築空間とのコラボレーション
本展では、浦野資勞(うらの・しろう)氏によるダイナミックな抽象絵画の世界をご紹介します。氏は1952年長野県坂城町生まれ。1990年代から現在に至るまで「フラクタル」シリーズに取り [...]

 2010/06/04

東海・北陸 20世紀美術への招待状-ピカソ、シャガールから横山大観、竹内栖鳳まで-富山県立近代美術

会場岐阜県美術館(岐阜市宇佐)

会期7月16日(金曜)から8月22日(日曜)まで

20世紀美術への招待状ーピカソ、シャガールから横山大観、竹内栖鳳までー

一度は見てみた!東西の20世紀美術の巨匠たちの作品が一堂に会します。20世紀美術の幕開けを飾るピカソやロートレックから、エコール・ド・パリの画家シャガール、シュルレアリスムの画家ミロ、ダリ、そしてウォーホルやポロックら [...]

 2010/06/01

東京 トーキョーワンダーウォール公募2010入選作品展

会場東京都現代美術館(東京都江東区)

会期2010年5月29日(土)〜6月20日 (日)

トーキョーワンダーウォール公募2010入選作品展

トーキョーワンダーウォールは、都庁壁面を若手美術作家の作品発表の場とし、都庁から全世界に向けて文化的魅力を発信しようと、2000年5月に都庁舎内にオープンしました。
2001年からはトーキョーワンダーウォールを更に飛躍 [...]

 2010/06/01

関東 スイス発-知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂 ザ・コレクション・ヴィンタートゥール

会場宇都宮美術館(栃木県宇都宮市)

会期2010年6月13日(日)~2010年7月25日(日)

スイス発-知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂 ザ・コレクション・ヴィンタートゥール

スイスの小都市、ヴィンタートゥール。日本ではまだあまり知られていませんが、人口10万人ほどのこの町に、ヨーロッパ屈指のモダン・アートのコレクションがあります。スイスが誇る「モダンの館」、それがヴィンタートゥール美術館で [...]

 2010/06/01

東海・北陸 多治見市制70周年記念事業「土に生きた地 たじみ」

会場岐阜県陶磁資料館

会期平成22年6月1日(火)~8月29日(日)

多治見市制70周年記念事業「土に生きた地 たじみ」

美濃焼の生産地、集散地として役割を担ってきた多治見は、盛衰を重ねながら今日まで美濃窯の中心地として繁栄してきました。
その歴史は古く、8世紀の須恵器(すえき)に始まり、10世紀に中国陶磁などを写した灰釉(かいゆう)陶器 [...]

 2010/05/26