ホルベイン アーチスト ナビ
バナー:ホルベイン ヴェルネ
バナー:ホルベイン 透明水彩絵具バナー:ホルベイン エアロフラッシュバナー:ホルベイン ドローイングインク

 トップ > 新刊アート・デザイン雑誌目次総覧
 
美術手帖 芸術新潮 美術の窓 デザインの現場 IDEA アイデア

デザイン
ノート

Webデザイン
ノート


アニメーション
ノート


イラストノート


別冊アトリエ
『芸大美大をめざす人へ』
   
版画芸術 炎芸術 みづゑBOOK    

美術手帖

美術手帖

美術手帖 2019年4月号
定価:1,600円(税別)
発売日:2019年3月7日
(月刊)
出版社:美術出版社

【特集】100年後の民藝

特集「100年後の民藝」では、既存の評価をなぞるのではなく、 自分の評価基準でものを見ることを提示した「民藝」を参照する。 デジタルテクノロジーの発達や大量生産・大量消費、そして大規 模災害などを経験し、私たちとものとの関係は様々に変わってい る。草創期の「民藝」や、ものを思考し活動するデザイナー、ア ーティストらへのインタビュー、同時代の動向などを見渡し、誕 生から100年後の新しい「民藝」を考える。いまあなたにとって、 本当に価値のある大切なものとはなんだろうか?

【詳しくはこちらへ】
http://www.bijutsu.press

 ↑ページトップ

芸術新潮

芸術新潮

芸術新潮 2019年4月号
定価:1,440円(税込)
発売日:2019年3月25日
(月刊)
出版社:新潮社

【緊急追悼特集】梅原猛 人類への遺言

遺稿を特別公開!  

1月12日、梅原猛さんがお亡くなりになりました。 実は梅原さんには、新潮社から出版するべく準備されていた未完の原稿がありました。「芸術新潮」では、緊急追悼特集を組み、その中で、ご遺族の了承を得て、遺稿の冒頭部、第一章を特別に公開させていただくことにしました。  膨大な数の著書を執筆してきた梅原さんですが、「芸術新潮」は、梅原さんにとって、ホームグラウンドのひとつともいえるような雑誌でした。「芸術新潮」での最初の連載「塔」がスタートしたのは、昭和45年(1970)のこと。以来、誌面にご登場いただいた回数は数え切れないほどで、メインの特集のナビゲーターもたびたび務めていただきました。梅原さんにとって歴史を読み解く最後の単著となった『親鸞「四つの謎」を解く』(平成26年)も、本誌の特集から生まれた書籍です。  縄文文化の再発見、天皇家のルーツを辿ることにもなる記紀神話解読、法隆寺などの怨霊鎮魂の物語、仏教の死生観、等々、梅原さんの研究対象は驚くほど多岐にわたっています。たったひとりの力で、日本の歴史がどれほど豊かに読み解かれていったのか、その巨大な業績にはただただ感服するしかありません。  今回掲載させていただいた遺稿は、梅原さんの長年の日本歴史研究の成果をもとに、東洋も西洋も超えた人類のための哲学をつくる試みでした。まさに集大成と呼ぶにふさわしい「人類哲学」本論が、そこでは構想されていました。  残念ながら未完に終わりましたが、私たち人類にとっての課題は、はっきりと示されています。その課題を引き継ぎ、真摯に向き合い、考え続けていくことが、次の世代の私たちの責務ではないでしょうか。

 

【詳しくはこちらへ】
http://www.shinchosha.co.jp/geishin/

 ↑ページトップ

美術の窓

美術の窓

美術の窓 2019年4月号
定価:1,646円(税込)
発売日:2019年3月
(月刊)
出版社:生活の友社

【巻頭特集】魅せる力を磨く 装飾テクニック(秘)技法講座vol.54

古代の縄文土器のダイナミックな文様、中世の仏像・仏画にみる荘厳、近世の絢爛豪華な?風絵、近代以降の超絶技巧を駆使した彫刻・工芸……私たち日本人は古くから多様な場面で「装飾」を施してきました。今回の(秘)技法講座は箔を用いたテクニックや文様を活かした画面構成など、注目作家による装飾性溢れる作品の制作過程を紹介します。クリムトやミュシャの装飾美、日本美術と装飾をテーマとしたコラムなども収録し、華やかな「装飾」の魅力に迫ります。


【詳しくはこちらへ】
http://www.tomosha.com/

 ↑ページトップ

デザインの現場

デザインの現場

デザインの現場 2010年4月号
定価:1,890円
発売日:2010年3月27日
出版社:美術出版社

【特集】デザインを支える職人

デザイナーが追い求める究極の色や美しい形。それらのイメージを現実のものとするために、デザインの裏側では多くの技術者、職人たちの力が発揮されている。デザイナーは、卓越した技術を持つ彼らとどのように付き合い、何を学び取るべきなのだろうか。この特集ではそうしたデザイナーと職人の関係を紐解き、デザインを支える名匠の姿をリアルに紹介する。

【詳しくはこちらへ】
http://book.bijutsu.press/books/2010/03/20104.html

 ↑ページトップ

IDEA アイデア

IDEA アイデア

ideaアイデア 385号
定価: 2,829円(税別)
発売日:2019年3月
(隔月)
出版社:誠文堂新光社

【特集】デザインとローカリティ Graphics Interchange にみる関西・東北の実践

本特集では,昨年12月に山形市で開催された展覧会「Graphics Interchange」を軸に,グラフィックデザインにおける「ローカリティ」というキーワードについて考察を行う。同展は,大阪に拠点を置く原田祐馬(UMA/design farm)と,山形に拠点を置く小板橋基希(akaoni)が発起人となり企画されたもので,第一弾の関西→東北展では関西の若手デザイナー6名と原田による2つの展示が行われた。本誌では,前半部分で若手デザイナーの展示の誌面化を,後半部分ではUMA/design farmとakaoniの仕事を紹介。各者が「ローカリティ」をどう翻訳するか,誌面を通じて省察を試みる。

 

【詳しくはこちらへ】
http://www.idea-mag.com/

 ↑ページトップ

Webデザインノート

WEB デザインノート

Webデザインノート No.9
定価:1,680円(本体1,600円)
発売日:2008年12月
出版社:誠文堂新光社

【特集】Webの可能性を広げるデザイン

Flash、API、携帯、アプリ、映像、インタラクション Webの可能性を拡げるデザイン
日々進化しつづけるWeb業界においてFlashやAjaxなど最新のテクノロジーを使ったWebデザインが多く登場してきた。
仕事の枠にとらわれず、Webの未来を見つめているクリエイターたち。
彼らを突き動かす原動力とは、いったいどのようなものなのだろう。
そこに込められた想いやWebの可能性を拡げる作品を紹介したい。

 

 ↑ページトップ

デザインノート

デザインノート

デザインノート No.84

定価: 1,728円(税込)
発売日:2019年3月
出版社:誠文堂新光社

【特集】ザ・グラフィックデザイン

2020年に開催される東京オリンピックを目前に、より多くの人に情報を伝えるための要素とは何なのかを 考えているデザイナーも多いだろう。 情報伝達が多様化の一途をたどり、個人であれ企業であれ、情報発信がグローバルに行える時代になった。 そのような時代背景の中、グラフィックデザイナーに求められている役割や表現とは何だろう。 本書では、このような時代だからこそ、改めてグラフィックデザインの原点に立ち戻り、人の心を揺さぶる優れたデザインの定義とは何かを、第一線で活躍するアートディレクターの仕事から、紐解いてみる。

 

【詳しくはこちらへ】
http://design-note.jp/

 ↑ページトップ

アニメーションノート

アニメーションノート

アニメーションノート  No.14
定価:1,470円(税込)
発売日:2009年6月
出版社:誠文堂新光社

【特集】劇場アニメの作り方

劇場アニメーションは制作費や制作期間が比較的潤沢で、最先端の技術が駆使され、企画の内容も洗練されています。そんな劇場映画を徹底解説。

【詳しくはこちらへ】
http://www.seibundo-shinkosha.net/

 ↑ページトップ

版画芸術

炎芸術

版画芸術 183号
定価:2,000円(税別)
発売日:2019年3月
(季刊)
出版社:阿部出版

【特集】 知られざる創作版画


南 薫造/富本憲吉/戸張孤雁/ 小泉癸巳男/硲 伊之助/川西 英/ 藤牧義夫/初山 滋/笹島喜平

 

[版画を見る] 篠原奎次/田中栄子 写真・田沼武能

[版画を買う] 今すぐ買える版画の逸品

[版画を作る] 版画技法実践講座「木版画上達テクニック」 第7回 裏刷り・金箔刷り・拓刷り

[付録] 版画用語辞典ハンドブック "HANGA GEIJUTSU" English Summary

 

【詳しくはこちらへ】
http://www.abepublishing.co.jp/

 ↑ページトップ

炎芸術

炎芸術

炎芸術 137号
定価:2,000円(税別)
発売日:2019年2月
(季刊)
出版社:阿部出版

【特集】 茶人・千 宗屋と現代の茶碗

対談 千 宗屋×川瀬 忍 千 宗屋が選ぶ現代の茶碗  黒田泰蔵、川瀬 忍、金重有邦、  樂 篤人、加藤亮太郎、伊藤秀人、  細川護光、浜本洋好、矢野直人、  伊藤 正、内田鋼一、三原 研、  新里明士、吉田直嗣、深澤彰文 現代人気作家の多彩な茶碗  原 憲司、中村康平、前田正博、  隠盈完譟∋嚇 和、三上 亮、  市野雅彦、吉野桃李、大前 悟、  伊勢厩鍵賚、内村慎太郎、見附正康、  植葉香澄、和田 的、桑田卓郎

[陶芸を見る] 八代清水六兵衞/小山智徳/小坂大毅 金工 家出隆浩 時代でたどる日本の陶芸 安土桃山時代 The 備前 展

[陶芸を買う] 今すぐ買える陶芸の逸品

[陶芸を作る] 陶芸実践講座 型で作る豆皿 講師・深谷 泰

[付録] 陶芸用語辞典ハンドブック "HONOHO GEIJUTSU" English Summary


【詳しくはこちらへ】
http://www.abepublishing.co.jp/

 ↑ページトップ

イラストノート

イラストノート

イラストノート No.49
定 価:2,000円(税別)
発売日:2019年1月
出版社:誠文堂新光社

【特集】くっきーの裏側。

芸人として活動しながら、アーティストとしての才能も発揮。今、最も注目を集めている野生爆弾のくっきー。彼は、絵を描くことやものづくりが得意で、その自由に表現された作品は、独特の世界観を醸し出し、見るものの心を鷲掴みにする。彼の世界観を詰め込んだ展覧会「超くっきーらんど」が日本各地で展開され、現段階で30万人以上の来場者を記録。海外での人気も高く、台湾では10万人を動員した。また、企業やクリエーターとのコラボレーションもあとをたたない。今号のイラストノートでは、くっきーが表現する「唯一無二」の世界観のつくりかたを、くっきーの裏側からそっとのぞきながら、まるごと一冊を用いて紐解いてみた。

【詳しくはこちらへ】
http://illust-note.jp/

 ↑ページトップ

別冊アトリエ 芸大美大をめざす人へ

別冊アトリエ 芸大美大をめざす人へ

別冊アトリエ No.156
『芸大美大をめざす人へ』
定 価:2,000円(税込)
発売日:2015年5月7日
出版社:ハースト婦人画報社

2015年5月発行号(No.156号)を最後に休刊いたしました。

【実技SPECIAL特集!!】最新課題の分析から見えてきた、新トレンドと絶対必要条件 何はともあれ平面構成 

国公立と私大の傾向が近づいた学科もある平面構成。一方で、定番的な課題が続いている学科もあります。そこで、近年の平面構成の課題を分析しつつ、今年の平面構成はどうなるのかを予想。
 さらに、平面構成で重要な発想にまつわる力を鍛えるにはどうしたらよいのかを徹底的に掘り下げます。

簡単そうで、いちばん悩ましい。いったい、何が正解?
油絵に「個性」は不可欠 (8P)

 昨今の受験で重要視される「個性」。特に油画においては、受験生のポテンシャルを計るうえで、重要なファクターになります。けれど、受験生にとってはこれが落とし穴になってしまっているようです。「これが個性!」と描いたものが「ひとりよがり」と指導されてしまったり……そもそも、「個性」とはいったい何なのでしょうか? 大学が求める「個性」と、それをどう解釈して表現していくのか、実技課題のデモンストレーションを含めながら特集します。

 ↑ページトップ

みづゑBOOK

みづゑBOOK

みづゑBOOK

定 価:1,890円(税込)
発売日:2008年3月22日
出版社:美術出版社

【特集】イラストレーションドリル

今回、みづゑ編集部と一緒に本をつくってくれたのは、イラストレーターであり、イラストレーションの教室で教える先生でもある福井真一さんです。福井さんの教室からは、これまで数多くのプロが巣立っていきました。そのなかには、イラストレーションを描くのは、まったくはじめて、という人も少なくありません。そうした人々は、プロへの階段をどうやって、のぼっていったのでしょう?
イラストレーションドリルでは、福井さんが日頃教室で行っている課題の数々を解説。まるで教室に通っているような、そんな気分でイラストレーションを学べる一冊です。

【詳しくはこちらへ】
http://www.bijutsu.co.jp/mizue/

 ↑ページトップ

 

新刊アート・デザイン系雑誌の、画像、紹介文等掲載情報は、各出版社からご提供いただいています。各出版社の了解なく転写、複写等することは禁じられています。
  出版社によってはホームページから直接購入することができます。具体的な購入方法は各出版社のホームページにてご確認ください。  
  ホルベイン・アーチストナビは、掲載雑誌を推奨または保証等するものではありません。雑誌の購入にあたってはご自分の判断でお決めください。なお、掲載雑誌についてのお問い合わせにはお答えできません。ご了承ください。  

つながらないページや移動したページを見つけられましたらこちらまでお知らせ下さい。

Copyright (C) 2005 holbein works,ltd. Japan All Rights Reserved.